「いつかは、世界中の世界遺産を巡ってみたい。」

と考えている方もいると思います。

世界には、日本にはない様な遺産も多くありますから、

「自分の目で、観てみたい。」

と思っている方も多いでしょう。

世界遺産というと、様々な遺産が思いつくと思いますが、

実際にはどのくらいの世界遺産があるのか、ご存知でしょうか。

「たくさんあるんだろうけど、数は想像もつかない。」

という方、多いのではないでしょうか。

では、世界遺産の登録数について、ご紹介しましょう。

世界遺産は、年々登録数を増やしていますが、2014年の段階では対象国となっているのは161ヶ国。

これだけでも、すごい数ですよね。

そして、実際に世界遺産として登録されているのは、なんと1,007件もあるんですよ。

「そんなに、世界遺産があるの?」

と驚かれる方もいるかもしれませんね。

世界遺産の数が多いのは、イタリア、中国、スペインとなっています。

一番多いイタリアでは、

文化遺産が46箇所、自然遺産が4箇所となっており、

合計50箇所もの世界遺産登録が行われています。

「一度に、いくつもの世界遺産を観たい。」と考えている方は、

イタリアから巡って見ると良いかもしれませんね。

ちなみに、日本は、

文化遺産は14箇所、自然遺産は4箇所となっており、

合計18カ所の世界遺産が登録されています。

このように、世界遺産は世界各国に数多く登録されています。

世界遺産を観たいと考えている方は、

どの国にどのくらいの世界遺産があるのかもチェックしておくと、

観光もしやすくなりますよ。