「旅行に行く際には、自然の多い場所を選んでいる。」

という方もいると思います。

普段、都会で生活をしている方にとっては、

「休みくらいは、自然に囲まれて癒されたい。」

と考えている方もいるでしょう。

では、そんな方にお勧めの世界遺産、自然遺産について、ご紹介しましょう。

世界遺産には、様々な種類の遺産がありますが、

中には生物や地形、景観などにより、

世界遺産として登録されているものもあります。

自然遺産として登録されるためには、

地球の歴史上、見本として段階を示している様なもの。

地形の発達に大きく関係しているものや進行過程、自然地理的特性など。

また、海洋生態系や植物群衆などの発達などに、

大きく関わっている様な見本となるもの。

自然現象や優れた自然地域なども自然遺産として選ばれることになります。

「自然遺産と言われると、どういったものが含まれるのだろう?」

と思っている方もいると思いますが、

日本の場合には屋久島や知床、白神山地、小笠原諸島などが自然遺産として登録されています。

こういった自然遺産を聞くと、

「確かに、自然の多い場所だなぁ。」

と感じる方も多いでしょう。

自然遺産は、こういった自然の状態が保たれている場所が

選ばれていることになります。

このように、自然遺産は人間の手により作られていない場所が多くなります。

日本にも、たくさんの自然遺産がありますから、

休みがある方はこういった場所へ旅行に出かけてみるのも良いですよ。

もちろん、観光の際にはこれらの自然を壊さない様に

強力することが大切となります。