「世界遺産を楽しむ際には、まずは日本から巡ってみたい。」

と考えている方もいると思います。

日本にも、いくつもの世界遺産がありますから、

「まずは、日本から。」

と思っている方もいるでしょう。

では、日本にある人気の世界遺産のひとつ、

知床をご紹介しましょう。

知床は、北海道の東部に位置している場所。

知床は、自然が豊かな場所となっており、

2005年に自然遺産として世界遺産に登録されています。

知床では、季節によって海洋生態系の生き物と陸上生態系の生き物が、

相互に関係する珍しい生態系を確認することが出来ます。

また、動植物なども、

国際的に稀少種といわれている物も多いですから、

珍しい植物なども確認することが出来るでしょう。

実は、この知床半島は海底火山により作られた島。

山のお腹の部分だけが顔を出すような形となっています。

知床は、流氷が接岸する場所でもあり、

世界でも最南端の流氷接岸なんですよ。

川には鮭やマスが泳いでいますし、

哺乳類となるヒグマやキツネなども顔を出します。

シマフクロウやオジロワシといった、

珍しい鳥も見ることが出来るんですよ。

知床という名前は、実はアイヌ語から来ています。

意味は、地の果てというシリエトクから来ています。

「自然豊かな場所を訪れてみたい。」

と考えている方にとっては、

知床はおすすめの世界遺産といえます。

北海道では、美味しい食べ物なども多いですから、

「グルメツアーをしたい。」

と考えている方にとっても、おすすめですよ。