「古いものが好き。」

「歴史のあるものが好き。」

という方にとっては、

京都はとても魅力的な街ですよね。

修学旅行などでも訪れる場所ですが、

大人になってからも

「京都に旅行に行きたい。」

と考えている方も、

多いのではないでしょうか。

では、海外の方にも人気の高い京都にある世界遺産、

古都京都の文化財について、ご紹介しましょう。

古都京都の文化財は、

京都市や滋賀県大津市、宇治市などに点在している文化財のこと。

平安時代から江戸時代までの、

歴史ある建物が存在しており、

その時代の建物を楽しむことが出来ます。

これから、

「日本には、こんなに古くからこんな技術があったんだ。」

ということを伝えるためにも、

重要な文化財となっています。

古都京都の文化財は、

1994年に文化遺産として世界遺産に登録されており、

17資産が登録されています。

京都市では、加茂別雷神社、清水寺、に何時、功山寺、本願寺などが登録されています。

宇治市では、平等院、宇治上神社。大津市では、延暦寺が登録されています。

古都京都は、794年に中国都城を規範とし建設されてきており、

1,000年もの長い間繁栄されています。

「昔の建物が好き。」

「歴史ある街並みが好き。」

という方にとっては、

古都京都の文化財はとても神秘的な場所となるでしょう。

その当時の人が、

どういった生活をしていたのかなどを考えながらめぐると、

また違った楽しみ方が出来るかもしれませんね。

あなたも、世界遺産となっている古都京都の文化財に出かけてみませんか。