「世界遺産を周ってみたいけれど、

そもそも世界遺産ってどの様に決められるのだろうか?」

と思っている方もいると思います。

「ここにも、歴史ある建物などがあるのに、

どうして世界遺産として認定されないのだろう?」

と思っている方もいるでしょう。

では、世界遺産登録される際には、

どういったことが評価基準となっているのかご紹介しましょう。

まず、世界遺産として登録されるためには、

想像的な才能が現れているかどうかが大切となってきます。

古い建物でも、

特に珍しい建て方ではなければ

世界遺産としての価値はありません。

「この時代に、こんな技術があったんだ。」

「こんな細かい作業を行っていたんだ。」

といった、想像的才能があることが強いられます。

また、建築や都市計画、記念碑などの場合には、

影響を与えている存在かが重要となってきます。

「この街並みは、その時代の交流を垣間見ることが出来る。」

といったものであれば、

世界遺産として認められる可能性が高いでしょう。

中には、

「今は、全て綺麗に保存されてはいないけれど、

とても価値のあるもの。」

というものもあると思います。

こういった物も、

文明の存在を伝承するものであれば、

登録される可能性があります。

そして、文化に関しても

「これは、とても顕著な見本。」

と判断された場合には、

世界遺産として登録されることになるでしょう。

自然が多い場所などは、

美的価値や自然美などを判断することになります。

このように、世界遺産に登録されるためには、

様々な評価基準を満たしていることが必要となります。