バルト三国の世界遺産

バルト三国の世界遺産~世界遺産旅行記へようこそ


「バルト三国をご存じですか?」
「あまり詳しくありませんね。」

「バルト三国というのは、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。」
「はい。」

「バルト三国は、三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。」
「そうですか。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。」
「なるほど。」 ・・・続きを読む

「けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領されました。」
「そうですね。」

「1940年には、ソ連に併合されました。」
「はい。」

「その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。」
「ペレストロイカって何ですか?」

「ペレストロイカというのは、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動です。」
「はい。」

「ペレストロイカはロシア語で、「再構築」あるいは「改革」を意味します。」
「なるほど。」

「ペレストロイカと言えば、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動で、ロシア語で「再構築(改革)」を意味します。硬直した政府を立て直すため、1985年に共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフが提唱・実践しました。」

「ソ連では、硬直した政府を立て直すため、1985年に共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフが提唱し、実践しました。」
「はい。」

「その後、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」
「そうですね。」

「バルト三国というのは、リトアニア、エストニア、ラトヴィアの三国をまとめた通称です。」
「リトアニアはどんな国ですか?」

「リトアニアは、ヨーロッパ北東部の共和制国家です。」
「はい。」

「リトアニアの正式名称は、リトアニア共和国です。」
「はい。」

「リトアニアは、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。
「はい。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「リトアニアの北にはラトビアがあります。」
「はい。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「リトアニアの東にはベラルーシがあります。」
「はい。」

「リトアニアの南にはポーランドがあります。」
「はい。」

「リトアニアの南西にはロシアのカリーニングラード州があります。」
「はい。」

「リトアニアの西が、バルト海です。」
「はい。」

「リトアニアの首都は、ヴィリニュスです。」
「エストニアはどんな国ですか?」

「エストニアは、ヨーロッパ北東部の共和制国家です。」
「はい。」

「エストニアの正式名称は、エストニア共和国です。」
「はい。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「エストニアは、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。」
「はい。」

「エストニアの首都は、タリンです。」
「ラトビアはどんな国ですか?」

「ラトビアは、ヨーロッパ北東部の共和制国家です。」
「はい。」

「ラトビアの正式名称は、ラトビア共和国です。」
「はい。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「ラトビアは、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。」
「そうですね。」

「ラトビアの首都は、リガです。」
「はい。」

「バルト三国にどのようなスポットがあるかご存知ですか?」
「あまりよく知りません。」

「バルト三国には、首都が世界遺産に登録されているという共通点があります。」
「はい。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「例えば、タリン旧市街は文化遺産ですが、エストニアの首都です。」
「タリン旧市街って何ですか?」

「タリン旧市街は、下町のローワータウンと山の手のトームペアから成り立っています。」
「はい。」

「タリン旧市街と言えば、旧市街は、下町のローワータウンと山の手のトームペアから成っています。ローワータウンは、城壁など欧州でも最も保存状態の良い旧市街地の1つです。山の手のトームペアは、石灰岩でできた丘で、城を中心に歴史的建造物が多いです。」

「ローワータウンは、城壁などが欧州で最も保存状態の良い旧市街地の1つです。」
「はい。」

「山の手のトームペアは、石灰岩でできた丘で、城を中心に歴史的建造物が多いですね。」
「はい。」

「タリン旧市街は、素晴らしい景観の広がる市街です。」
「はい。」

「リーガ旧市街も文化遺産ですが、ラトヴィアの首都です。」
「はい。」

「リーガ旧市街は、アールヌーボー調の建築物が所狭しと並ぶ美しいスポットです。」
「アールヌーボーって何ですか?」

「アールヌーボーは、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動です。」
「はい。」

「アールヌーボーは、新しい芸術を意味しています。」
「はい。」

「アールヌーボーの特徴には、花や植物などのモチーフや、自由曲線の組み合わせによる装飾性、および鉄やガラスの利用などが挙げられます。」
「はい。」

「アールヌーボーと言えば、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動で、「新しい芸術」を意味しています。花や植物などのモチーフや自由曲線の組み合わせによる装飾性や、鉄やガラスの利用などが特徴です。」

「ヴィリニュス旧市街も文化遺産ですが、リトアニアの首都です。」
「はい。」

「ヴィリニュス旧市街と言えば、旧市街の面積は、3.6平方キロメートルと欧州内でも最大級であり、歴史的・文化的事物が集積されています。旧市街の建築物は約1,500あり、様々なスタイルのものが見られる。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「ヴィリニュス旧市街の面積は、3.6平方キロメートルと欧州内でも最大級です。」
「はい。」

「ヴィリニュス旧市街には、歴史的および文化的事物が集積されています。」
「はい。」

「ヴィリニュス旧市街の建築物は約1,500件もあります。」
「はい。」

「これらのヴィリニュス旧市街の建築物には、様々なスタイルのものが見られます。」
「はい。」

「ゲティミナス塔に登れば、ヴィリニュス旧市街の全貌が見渡せます。」
「ゲティミナス塔とは何ですか?」

「ゲティミナス塔の場所には、もともとゲディミナス城があったのです。」
「はい。」

「ゲティミナス塔と言えば、リトアニアの首都ビリニュスの旧市街にあったゲディミナス城は、19世紀に帝政ロシアにより大部分が破壊され、現在、ゲディミナス塔と呼ばれる監視塔の一つが残っている。」

「ゲディミナス城は、19世紀に帝政ロシアが大部分を破壊しました。」
「はい。」

「その結果、現在ではゲディミナス城の跡地に、監視塔であったゲディミナス塔だけが残っているのです。」
「なるほど。」

「このようにバルト三国の首都は、バルト三国を代表する世界遺産としてたいへん有名で、首都遺産とも呼ばれます。」
「はい。」

「バルト三国の首都の街全体を世界遺産が包括することにより、歴史的な町並みが守られ続けています。」
「はい。」

「バルト三国のエストニア、リトアニア、ラトヴィアには、首都遺産以外にも共通点がありますが、何かご存じですか?」
「分かりません。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「答えを言うと、シュトルーベの測地弧です。」
「"シュトルーヴェのそくちこ"って何ですか?」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)というのは、ドイツ出身のロシアの天文学者であるフリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって1816年から1855年にかけて、子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群のことです。」
「はい。」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)と言えば、ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となり、1816年から1855年にかけて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群のことです。」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)の範囲自体は、エストニアにも、リトアニアにも、ラトヴィアにもまたがっていません。」
「はい。」

「けれども、バルト三国はシュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)を世界遺産として保有しています。」
「はい。」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、2005年に世界遺産として登録されました。」
「はい。」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、地球の大きさを正確に測ることに多大なる貢献をしました。」
「はい。」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、十ヵ国以上の国が共同で保有する世界遺産として知られています。」
「はい。」

「シュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)は、ノルウェーやスウェーデン、そしてロシアにまたがる位置にあります。」
「はい。」

「そのため、バルト三国はシュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)の保有組合に参加しているという見方もあります。」
「はい。」

「バルト三国には、それほど多くの世界遺産があるわけではありません。」
「はい。」

「例えば、リトアニアの世界遺産には、先に述べた首都遺産であるヴィリニュス歴史地区やシュトルーベの測地弧(シュトルーヴェのそくちこ)の他には、美しい砂州が広がるクルシュー砂州や、考古学的な価値の高いケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)が挙げられます。」
「砂州とは何ですか?」

「砂州というのは、流水によって形成される砂の堆積構造のことで、河口付近では波と沿岸流によって形成される細長い堆積地形のことです。」
「はい。」

「砂州と言えば、流水によって形成される砂の堆積構造のことで、河口付近では、波と沿岸流によって形成される細長い堆積地形であり、海岸や湖岸の近くに見られる。」

「砂州は一般に、海岸や湖岸の近くで見られます。」
「クルシュー砂州って何ですか?」

「クルシュー砂州は、バルト海とクルシュー・ラグーンを隔てる全長98kmの細長く湾曲した砂洲で、2000年にユネスコの世界遺産に文化遺産として登録されました。」
「ケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)って何ですか?」

「ケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)はリトアニアの世界遺産で、ネリス川とパジャウタ渓谷の屈曲部、およびネリス川右岸のネリス段丘上部にあります。」
「はい。」

「クルシュー砂州と言えば、バルト海とクルシュー・ラグーンを隔てる全長98 km の細長く湾曲した砂洲で、2000年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。」

「ケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)と言えば、リトアニアにある世界遺産で、ネリス川とパジャウタ渓谷の屈曲部、ネリス川右岸のネリス段丘上部にあります。旧石器時代後期から中世までの住居跡、カルナス丘陵要塞、埋葬遺跡などから構成されています。」

「カルナス丘陵要塞と言えば、リトアニアのケルナヴェ考古学遺跡 (ケルナヴェ文化保護区)の構成要件の一つです。ケルナヴェ考古学遺跡 は、旧石器時代後期から中世までの住居跡、カルナス丘陵要塞、埋葬遺跡などから構成されています。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「ケルナヴェの考古遺跡(ケルナヴェ文化保護区)は、旧石器時代後期から中世までの住居跡、およびカルナス丘陵要塞や埋葬遺跡などから構成されています。」
「なるほど。」

「カルナス丘陵要塞と言えば、リトアニアのケルナヴェ考古学遺跡 (ケルナヴェ文化保護区)の構成要件の一つです。ケルナヴェ考古学遺跡 は、旧石器時代後期から中世までの住居跡、カルナス丘陵要塞、埋葬遺跡などから構成されています。」

「バルト三国の中の一ヵ国だけを選んで世界遺産を観光しても、少ないのですぐにすべてを見て回ることができます。」
「はい。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「バルト三国のリトアニア、エストニア、ラトヴィアのすべての世界遺産を観光すれば、とても豊かな旅になります。」
「はい。」

「さしあたり、バルト三国の首都遺産すべてを訪問すると良いです。」
「はい。」

「バルト三国の首都は治安が良いので、子供連れの旅行にも適しています。」
「なるほど。」

このページのトップへ戻る

目次】世界遺産24.com

このページのトップへ戻る

第1章】世界遺産の基礎

第1章第1節】世界遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第2節】世界遺産登録について

このページのトップへ戻る

第1章第3節】世界遺産条約とは

このページのトップへ戻る

第1章第4節】世界遺産の登録数

このページのトップへ戻る

第1章第5節】世界遺産加入後のメリット

このページのトップへ戻る

第1章第6節】文化遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第7節】自然遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第8節】複合遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第9節】危機遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第10節】ユネスコの役割

このページのトップへ戻る

第2章】人気の世界遺産

第2章第1節】アンコール遺産群について

このページのトップへ戻る

第2章第2節】マチュ・ピチュについて

このページのトップへ戻る

第2章第3節】グランド・キャニオン国立公園について

このページのトップへ戻る

第2章第4節】ヴェネツィアについて

このページのトップへ戻る

第2章第5節】ぺトラについて

このページのトップへ戻る

第2章第6節】カナディアン・ロッキー山脈自然公園郡について

このページのトップへ戻る

第3章】日本の人気の世界遺産

第3章第1節】知床について

このページのトップへ戻る

第3章第2節】平泉について

このページのトップへ戻る

第3章第3節】日光の社寺について

このページのトップへ戻る

第3章第4節】屋久島について

このページのトップへ戻る

第3章第5節】広島の平和記念碑について

このページのトップへ戻る

第3章第6節】姫路城について

このページのトップへ戻る

第3章第7節】古都京都の文化財について

このページのトップへ戻る

第3章第8節】厳島神社について

このページのトップへ戻る

第4章】日本にある様々なユネスコ世界遺産

第4章第1節】世界農業遺産とは

このページのトップへ戻る

第4章第2節】世界ジオパークとは

このページのトップへ戻る

第4章第3節】ユネスコエコパークとは

このページのトップへ戻る

第5章】世界遺産のあれこれ

第5章第1節】世界遺産の評価基準

このページのトップへ戻る

第5章第2節】世界遺産の登録の流れ

このページのトップへ戻る

第5章第3節】世界遺産の保護

このページのトップへ戻る