リトアニアのヴィリニュス歴史地区

リトアニアのヴィリニュス歴史地区~バルト三国の世界遺産~世界遺産旅行記~


「リトアニアについて何かご存じですか?」
「リトアニアはバルト海に面していますね。」

「そうですね。」
「そして、リトアニアは、かつてソビエト連邦に含まれていましたね。」

「そうですね。他は何かご存じですか?」
「あまりリトアニアについて詳しくありません。」

「そうですか。リトアニアはヨーロッパ北東部の共和制国家です。」
「はい。」

「リトアニアの正式名称は、リトアニア共和国です。」
「はい。」

「リトアニアは、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。」
「そうですね。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「エストニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はエストニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、タリンです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「リトアニアの北にはラトビアがあります。」
「ラトビアはどんな国ですか?」 ・・・続きを読む

「ラトビアは、ヨーロッパ北東部の共和制国家です。」
「はい。」

「ラトビアの正式名称はラトビア共和国です。」
「はい。」

「ラトビアは、バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。」
「はい。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「ラトビアの首都は、リガです。」
「リガ旧市街やリガ歴史地区というのを聞いたことがあります。」

「リガ歴史地区と言えば、1997年に登録されたラトビアの世界遺産(文化遺産)で、タウガバ川がリガ湾に注ぐ河口より10kmほど遡ったところに位置しています。ラトビアの首都リガの旧市街と新市街があります。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「リガ旧市街では、南縁にリーガ駅と中央市場があり、西縁がダウガヴァ川と河港があります。そして、東側が新市街です。」
「はい。」

「リガ旧市街は、中世ドイツの商業都市の特徴が多く見られます。」
「はい。」

「リガ旧市街と言えば、リガ旧市街は、南縁にリーガ駅と中央市場、西縁がダウガヴァ川と河港、東側が新市街です。旧市街は中世ドイツの商業都市の特徴が多く見られます。」

「リガ歴史地区は、1997年に登録されたラトビアの世界遺産で、文化遺産です。」
「はい。」

「リガ歴史地区は、タウガバ川がリガ湾に注ぐ河口より10kmほど遡ったところに位置しています。」
「はい。」

「ラトビアの首都リガには、旧市街と新市街があります。」
「はい。」

「リトアニアの話に戻りますね。」
「はい。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「リトアニアの東にはベラルーシがあります。」
「はい。」

「リトアニアの南にはポーランドがあります。」
「はい。」

「リトアニアの南西にはロシアのカリーニングラード州があります。」
「はい。」

「そして、リトアニアの西がバルト海です。」
「そうですね。」

「リトアニアの首都はヴィリニュスです。」
「はい。」

「リトアニアの首都ヴィリニュスの旧市街地は、ヴィリニュスの歴史地区として1994年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。」
「はい。」

「リトアニアの首都ヴィリニュスは、リトアニア共和国の首都で、人口558,165人(2009年時点)のリトアニア最大の都市です。」
「はい。」

「リトアニアの首都ヴィリニュスは、バルト三国で唯一海に面していない首都です。」
「はい。」

「バルト三国といえば、バルト海沿岸にあるエストニア、ラトビア、リトアニアの三国のことです。三国とも北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合(EU)に加盟しています。これら三ヵ国はロシア帝国に支配されていましたが、ロシア革命の後、1918年に三ヵ国とも独立を果たしました。けれども、第二次世界大戦中にソ連とドイツにより占領され、1940年にソ連に併合されました。その後、1980年代後半にソ連国内でペレストロイカが進展し、独立回復運動が高まりました。そして、ソ連崩壊とともにバルト三国は再独立を果たしました。」

「リトアニアの首都ヴィリニュスは、リトアニアの南東にあり、バルト海に面したリトアニア主要港のクライペダからは312kmも離れています。」
「なるほど。」

「首都ヴィリニュスと言えば、リトアニア共和国の首都で、人口 558,165 人(2009年現在)の同国最大の都市である。バルト三国で唯一海に面していない首都で、リトアニアの南東で、バルト海に面したリトアニア主要港のクライペダからは 312 km 離れています。」

「ヴィリニュス旧市街の面積は、3.6平方キロメートルと欧州内で最大級です。」
「はい。」

「ヴィリニュス旧市街には、歴史的および文化的事物が集積されています。」
「はい。」

「ヴィリニュス旧市街の建築物は約1,500もあり、様々なスタイルのものが見られます。」
「はい。」

「ヴィリニュス旧市街と言えば、旧市街の面積は、3.6平方キロメートルと欧州内でも最大級であり、歴史的・文化的事物が集積されています。旧市街の建築物は約1,500あり、様々なスタイルのものが見られる。」

「リトアニアには、4つの世界遺産があります。」
「はい。」

「ヴィリニュス歴史地区が、リトアニアで最初に世界遺産に登録されました。」
「はい。」

「ヴィリニュスは、かつて14世紀にリトアニア大公国の首都となったところです。」
「はい。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ヴィリニュスは、ソビエト連邦のペレストロイカや、ドイツのベルリンの壁崩壊の1990年代初頭まで、約500年間に渡って、ロシア、ポーランド、オーストリア、フランスなどに併合されてきました。」
「ペレストロイカって何ですか?」

「ペレストロイカは、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動で、ロシア語で再構築(改革)を意味します。」
「はい。」

「ペレストロイカと言えば、1980年代後半からソビエト連邦で進められた政治体制の改革運動で、ロシア語で「再構築(改革)」を意味します。硬直した政府を立て直すため、1985年に共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフが提唱・実践しました。」

「当時ソ連では、硬直した政府を立て直すため、1985年に共産党書記長に就任したミハイル・ゴルバチョフがペレストロイカを提唱し、実践しました。」
「なるほど。ベルリンの壁崩壊って何ですか?」

「ベルリンの壁崩壊というのは、ベルリンの壁が1989年11月10日に東西ベルリン市民によって破壊開始された事件であり、東欧革命を象徴する事件として有名です。」
「はい。」

「ベルリンの壁崩壊と言えば、ベルリンの壁が1989年11月10日に東西ベルリン市民によって破壊開始された事件であり、東欧革命を象徴する事件として有名である。」

「ヴィリニュスは、統治者が変わるたびに市街にある教会も、カトリックやプロテスタント、ロシア正教へと改宗させられつつ、西欧と東欧を結ぶ貿易によって栄えてきた街です。」
「はい。」

「ヴィリニュスを、ナポレオンもヒトラーも、ロシア侵攻の足がかりとして占領しました。」
「はい。」

「そのため、ヴィリニュスは何度も戦火を浴びた悲劇の地となりました。」
「なるほど。」

「ヴィリニュスは、わりと最近の1991年においても、リトアニアの独立宣言直後に当時のソ連軍により行政府を占領されました。」
「はい。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ヴィリニュスの旧市街地であるヴィリニュス歴史地区は、市の南部に位置します。」
「はい。」

「ヴィリニュス歴史地区には、西欧式やローマ式、ロシア式など様々な様式の教会が、所狭しと建造されています。」
「はい。」

「ヴィリニュス歴史地区において1500年建造のゴシック様式の聖アンナ聖堂は、ギリシャの神殿を思わす風貌です。」
「はい。」

「聖アンナ聖堂と言えば、ラトビア西部の都市リエパーヤにあるルーテル派の教会で、16世紀以前の創設で、リエパーヤ最古の教会とされる。内部には高さ10メートルの緻密な木彫りが施されたバロック様式の祭壇や、同国第3の大きさのパイプオルガンがある。」

「ゴシックと言えば、元々、中世ヨーロッパの建築様式を示す言葉である。ゴシック様式の宗教建築は、建物自体の壮大さに加えて、異教の影響を受けた怪物やグロテスクな意匠がさまざまに取り込まれている点にも特徴がある。」

「聖アンナ聖堂は、ナポレオンも惚れ込んだと言われています。」
「私が知っている聖アンナ聖堂は、リトアニアの聖アンナ聖堂ではなく、ラトビア西部の都市リエパーヤにあるルーテル派の教会です。これは16世紀以前の創設で、リエパーヤ最古の教会とされています。聖堂内部には、高さ10メートルの緻密な木彫りが施されたバロック様式の祭壇や、同国第3の大きさのパイプオルガンがあります。」

「ルーテル派と言えば、マルティン・ルターによりドイツに始まる、キリスト教の教派または教団を言い、ルーテル教会とも呼ばれる。プロテスタントの一つであり、全世界に推定8260万人の信徒が存在します。」

「バロックと言えば、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式を言う。バロック芸術は、秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。」

「ラトビアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はラトビア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国で、首都は、リガです。」

「同じ名前の聖堂が色んな国にありますね。」
「そうですね。ところで、ゴシックって何ですか?」

「ゴシックは、元々、中世ヨーロッパの建築様式を示す言葉です。」
「はい。」

「ゴシック様式の宗教建築は、建物自体の壮大さに加えて、異教の影響を受けた怪物やグロテスクな意匠が様々に取り込まれている点に特徴があります。」
「なるほど。」

「ゴシックと言えば、元々、中世ヨーロッパの建築様式を示す言葉である。ゴシック様式の宗教建築は、建物自体の壮大さに加えて、異教の影響を受けた怪物やグロテスクな意匠がさまざまに取り込まれている点にも特徴がある。」

「ヴィリニュスの歴史地区でひときわ目を引く建造物と言えば、ヴィリニュスの大聖堂です。」
「はい。」

「ヴィリニュスの大聖堂は、ヴィリニュスの旧市街のカテドゥロス広場にあります。」
「はい。」

「ヴィリニュスの大聖堂は、数多くある教会の中で最も大きく、開基13世紀のヴィリニュスでは最古の教会です。」
「カテドゥロス広場って何ですか?」

「カテドゥロス広場は、リトアニアの首都ビリニュスの旧市街にある中央広場です。」
「はい。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「カテドゥロス広場は、ゲディミナス城の丘の下に位置しています。」
「はい。」

「カテドゥロス広場には、ビリニュス大聖堂に隣接した高さ53メートルの鐘楼が建っています。」
「はい。」

「カテドゥロス広場と言えば、リトアニアの首都ビリニュスの旧市街にある中央広場で、ゲディミナス城の丘の下に位置しています。ビリニュス大聖堂に隣接し、高さ53メートルの鐘楼が建っている。」

「ヴィリニュスの大聖堂の現在の建造物は18世紀に改修されたものです。」
「はい。」

「ヴィリニュスの大聖堂は、300年近い歴史のある建造物です。」
「はい。」

「ヴィリニュスの旧市街の南にある聖カジミエル教会は、18世紀にリトアニアがロシアに併合された時に、カトリック教会からロシア正教に改宗させられました。」
「はい。」

「そして、聖カジミエル教会は第1次世界大戦中はドイツに占領され、プロテスタント教会になりました。」
「はい。」

「さらに、聖カジミエル教会は第二次大戦前の1940年にはソ連に併合されました。」
「はい。」

「ソ連は共産主義なので、それ以後は聖カジミエル教会は無神論博物館になりました。」
「それは凄い変わりようですね。」

「その後、聖カジミエル教会は1989年のリトアニア独立直前に再興されました。」
「はい。」

「ヴィリニュス歴史地区には、木製彫刻で世界的に有名な17世紀のバロック様式の聖ペテロ・パウロ教会や、聖ヨハネ教会、べルナルディディス教会などのカトリック建築群があります。」
「はい。」

「べルナルディディス教会と言えば、リトアニアのヴィリニュスの歴史地区にあるカトリック建築群の1つです。」

「聖ヨハネ教会と言えば、リトアニアのビリニュス大学のキャンパス内に、後期バロック様式の聖ヨハネ教会が建っています。リトアニアがキリスト教を受け入れた直後の14世紀後半に建造され、火災後に再建されました。」

「聖ペテロ・パウロ教会と言えば、チェコ第2の都市ブルノにあるランドマーク的存在の教会で、鋭く尖って天を指す2つの塔があります。11世紀にヴァーツラフ2世によって建造され、13世紀にゴシック様式に改築されたが、三十年戦争で焼け落ちたため、現在のネオゴシック建築に再建されました。建物内部には、14世紀に製作されたすばらしい聖母像があります。」

「バロックと言えば、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式を言う。バロック芸術は、秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。」

「また、ヴィリニュス歴史地区にはヴィリニュス大学などが中世の面影を残しています。」
「ヴィリニュス大学とはどんな大学ですか?」

「ヴィリニュス大学は、リトアニア共和国ヴィリニュス県ヴィリニュス市に本部を置くリトアニアの国立大学です。」
「はい。」

「ヴィリニュス大学は、1579年に設置されました。」
「はい。」

「ヴィリニュス大学と言えば、リトアニア共和国ヴィリニュス県ヴィリニュス市に本部を置くリトアニアの国立大学で、1579年に設置されました。この地方では、最も古い大学の一つです。」

「ヴィリニュス大学は、この地方で最も古い大学の一つです。」
「べルナルディディス教会はどんな教会ですか?」

「べルナルディディス教会と言えば、リトアニアのヴィリニュスの歴史地区にあるカトリック建築群の1つです。」

「べルナルディディス教会は、リトアニアのヴィリニュスの歴史地区にあるカトリック建築群の1つです。」
「聖ヨハネ教会はどんな教会ですか?」

「聖ヨハネ教会は、リトアニアのビリニュス大学のキャンパス内にある後期バロック様式の教会です。」
「はい。」

「バロックと言えば、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式を言う。バロック芸術は、秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。」

「聖ヨハネ教会は、リトアニアがキリスト教を受け入れた直後の14世紀後半に建造されました。」
「はい。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「そして、聖ヨハネ教会は火災後に再建されました。」
「聖ペテロ・パウロ教会について私が知っているのは、チェコ第2の都市ブルノにあるランドマーク的存在の教会で、鋭く尖って天を指す2つの塔があります。」

「聖ヨハネ教会と言えば、リトアニアのビリニュス大学のキャンパス内に、後期バロック様式の聖ヨハネ教会が建っています。リトアニアがキリスト教を受け入れた直後の14世紀後半に建造され、火災後に再建されました。」

「はい。」
「チェコの聖ペテロ・パウロ教会は、11世紀にヴァーツラフ2世によって建造され、13世紀にゴシック様式に改築されました。」

「ゴシックと言えば、元々、中世ヨーロッパの建築様式を示す言葉である。ゴシック様式の宗教建築は、建物自体の壮大さに加えて、異教の影響を受けた怪物やグロテスクな意匠がさまざまに取り込まれている点にも特徴がある。」

「はい。」
「けれども、チェコの聖ペテロ・パウロ教会は三十年戦争で焼け落ちたため、現在のネオゴシック建築に再建されました。」

「はい。」
「チェコの聖ペテロ・パウロ教会の建物内部には、14世紀に製作されたすばらしい聖母像があります。」

「聖ペテロ・パウロ教会と言えば、チェコ第2の都市ブルノにあるランドマーク的存在の教会で、鋭く尖って天を指す2つの塔があります。11世紀にヴァーツラフ2世によって建造され、13世紀にゴシック様式に改築されたが、三十年戦争で焼け落ちたため、現在のネオゴシック建築に再建されました。建物内部には、14世紀に製作されたすばらしい聖母像があります。」

「はい。」
「同じ名前の教会が色んな国ありますね。」

「そうですね。」
「ところでバロックを詳しく説明して欲しいのですが。」

「バロックは、16世紀末から17世紀初頭にかけて、イタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術や文化の様式のことです。」
「はい。」

「バロック芸術は、秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとして、ルネサンスの芸術運動の後に始まりました。」
「はい。」

「バロックと言えば、16世紀末から17世紀初頭にかけイタリアのローマ、マントヴァ、ヴェネツィア、フィレンツェで誕生し、ヨーロッパの大部分へと急速に広まった美術・文化の様式を言う。バロック芸術は、秩序と運動の矛盾を超越するための大胆な試みとしてルネサンスの芸術運動の後に始まった。」

「ヴィリニュス歴史地区で、日本人なら見ておきたいのが、杉原千畝のモニュメントです。」
「はい。」

「杉原千畝は、第二次世界大戦中に大政翼賛会政府の命令を無視して、リトアニアのユダヤ人が亡命できるようにビザを発給し、ナチスドイツによる迫害から多くのユダヤ人を救ったことで有名です。」
「凄い人ですね。」

「杉原千畝のモニュメントは、ヴィリニュス歴史地区の北部のネリス川の近くのユダヤ歴史博物館内にあります。」
「はい。」

「ユダヤ歴史博物館と言えば、2001年にドイツの首都ベルリン・フリードリヒスハイン=クロイツベルク区に開館した市立博物館です。1千年紀から今日までのドイツにおけるユダヤ人の歴史や生活の記録を収集・研究・展示しています。」

「杉原千畝と言えば、日本の外交官です。第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情し、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています。その避難民の多くが、ユダヤ系であったため、海外では、「日本のシンドラー」などと呼ばれています。」

「リトアニアの世界遺産の中に日本人が誇れる偉大な歴史が保存されているのは嬉しいですね。」
「そうですね。そのような歴史の痕跡があるのは誇り高いことですね。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「ユダヤ歴史博物館についてご存じですか?」
「あまり知りません。」

「ユダヤ歴史博物館と言えば一番有名なのが、2001年にドイツの首都ベルリンのフリードリヒスハイン=クロイツベルク区に開館した市立博物館です。」
「はい。」

「ユダヤ歴史博物館と言えば、2001年にドイツの首都ベルリン・フリードリヒスハイン=クロイツベルク区に開館した市立博物館です。1千年紀から今日までのドイツにおけるユダヤ人の歴史や生活の記録を収集・研究・展示しています。」

「そこでは、1千年紀から今日までのドイツにおけるユダヤ人の歴史や生活の記録が収集および研究され、展示されています。」
「なるほど。」

「杉原千畝について詳しく知ってらっしゃいますか?」
「いいえ。あまり詳しくはありません。」

「杉原千畝は、日本の外交官です。」
「はい。」

「第二次世界大戦中にリトアニアのカウナス領事館に杉原千畝は赴任していました。」
「はい。」

「リトアニアと言えば、ヨーロッパ北東部の共和制国家で、正式名称はリトアニア共和国です。バルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中の一国です。北にラトビアがあり、東にベラルーシがあり、南にポーランドがあり、南西にロシアのカリーニングラード州があり、西がバルト海です。首都はヴィリニュスです。」

「杉原千畝は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等の欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に心から同情しました。」
「はい。」

「そして、杉原千畝は外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を難民に発給しました。」
「はい。」

「杉原千畝は、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています。」
「はい。」

「杉原千畝と言えば、日本の外交官です。第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情し、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られています。その避難民の多くが、ユダヤ系であったため、海外では、「日本のシンドラー」などと呼ばれています。」

「杉原千畝によって救われた避難民の多くがユダヤ系であったため、海外では杉原千畝は日本のシンドラーと呼ばれています。」
「杉原千畝さんは、素晴らしい偉人ですね!」

このページのトップへ戻る

目次】世界遺産24.com

このページのトップへ戻る

第1章】世界遺産の基礎

第1章第1節】世界遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第2節】世界遺産登録について

このページのトップへ戻る

第1章第3節】世界遺産条約とは

このページのトップへ戻る

第1章第4節】世界遺産の登録数

このページのトップへ戻る

第1章第5節】世界遺産加入後のメリット

このページのトップへ戻る

第1章第6節】文化遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第7節】自然遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第8節】複合遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第9節】危機遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第10節】ユネスコの役割

このページのトップへ戻る

第2章】人気の世界遺産

第2章第1節】アンコール遺産群について

このページのトップへ戻る

第2章第2節】マチュ・ピチュについて

このページのトップへ戻る

第2章第3節】グランド・キャニオン国立公園について

このページのトップへ戻る

第2章第4節】ヴェネツィアについて

このページのトップへ戻る

第2章第5節】ぺトラについて

このページのトップへ戻る

第2章第6節】カナディアン・ロッキー山脈自然公園郡について

このページのトップへ戻る

第3章】日本の人気の世界遺産

第3章第1節】知床について

このページのトップへ戻る

第3章第2節】平泉について

このページのトップへ戻る

第3章第3節】日光の社寺について

このページのトップへ戻る

第3章第4節】屋久島について

このページのトップへ戻る

第3章第5節】広島の平和記念碑について

このページのトップへ戻る

第3章第6節】姫路城について

このページのトップへ戻る

第3章第7節】古都京都の文化財について

このページのトップへ戻る

第3章第8節】厳島神社について

このページのトップへ戻る

第4章】日本にある様々なユネスコ世界遺産

第4章第1節】世界農業遺産とは

このページのトップへ戻る

第4章第2節】世界ジオパークとは

このページのトップへ戻る

第4章第3節】ユネスコエコパークとは

このページのトップへ戻る

第5章】世界遺産のあれこれ

第5章第1節】世界遺産の評価基準

このページのトップへ戻る

第5章第2節】世界遺産の登録の流れ

このページのトップへ戻る

第5章第3節】世界遺産の保護

このページのトップへ戻る