モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観

モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観~西・中央・東アジアの世界遺産~世界遺産旅行記へようこそ


「「オルホン渓谷の文化的景観」は、モンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産ですね。」
「はい。」

「モンゴルのオルホン川と言えば、モンゴル国を流れるモンゴルで一番長い川である。古称は安頁根河(あつこんかわ)、あつ昆河(あつこんかわ)。」

「オルホン渓谷と言えば、モンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷である。首都ウランバートルの西方約360 kmに在る。その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を例証するものとして、ユネスコの世界遺産に登録された。」

「大草原を擁するモンゴルには、古くから2000年以上にわたって遊牧民が暮らし、さまざまな民族・王朝が栄枯盛衰を繰り返した土地ですね。」
「はい。」

「「オルホン渓谷の文化的景観」は、それらの歴史を物語る重要な遺産として、2004年にユネスコの世界遺産に登録されましたよ。」
「そうなんだ。」

「なぜ、広大な土地に住む遊牧民の歴史が、オルホン渓谷に集約されているのでしょうか。」
「なぜでしょう。」

「それは、この地が草原の王者の座とされてきたからですよ。」
「どういうことですか?」

「オルホン渓谷にあるウテュケン山は、テングリ信仰において神聖視されていますよ。」
「はい。」

「テングリ信仰と言えば、テングリとは、トルコ族,モンゴル族における物質的実在としての天,およびシャマニズム神観上の精神的実在としての天神,または天神の下にいる神々をいう。蒼天そのものに対する崇敬から天の神格化が行われた。」

「ウテュケン山と言えば、現在のモンゴル国にあるハンガイ山脈(英語版)に比定される山の歴史的呼び名である。ウテュケン山(Utukan yis)という名は『オルホン碑文』に刻まれているもので、中国史書でも於都斤山、烏徳革建山、都尉揵山、都斤山、大斤山、鬱督軍山、郁督軍山などと表記された。ウテュケン山はテュルク系遊牧民の聖地とされ、たびたび遊牧国家の首都となった。」

「遊牧民の王である“ハーン”は、この山から力を得て突厥(中央ユーラシアの遊牧国家)を統率する神権を与えられていると考えられてきましたよ。」
「そうなんですか。」

「突厥(中央ユーラシアの遊牧国家)と言えば、6世紀に中央ユーラシアに存在したテュルク系遊牧国家である。もともとはジュンガル盆地北部からトルファン北方の山麓にかけて住んでいた部族で、柔然の隷属の下でアルタイ山脈の南麓へ移住させられ鍛鉄奴隷として鉄工に従事したが、552年に柔然から独立すると、部族連合である突厥可汗国(突厥帝国などと呼ばれることもある)を建て、中央ユーラシアの覇者となる。582年には内紛によって東西に分裂した。」

「遊牧民の王である“ハーン”と言えば、北アジア、中央アジア、西アジア、南アジアにおいて、主に遊牧民の君主や有力者が名乗る称号である。古い時代の遊牧民の君主が名乗った称号カガンはその古形である。」

「そのため、この渓谷は支配者にとって最重要地域として機能しましたよ。」
「そうなんだ。」 ・・・続きを読む


「数々の歴史的モニュメントが「オルホン渓谷の文化的景観」の指定区域に集まりましたよ。」
「はい。」

「「オルホン渓谷の文化的景観」の中で、最も古いものが「オルホン碑文」ですよ。」
「どんな碑文ですか?」

「オルホン碑文と言えば、モンゴルのオルホン(Orkhon)河畔で発見された古代トルコ語の碑文である。732年と735年に建立した墓碑に突厥(とっけつ)文字と漢字で刻まれており、突厥文字科解読のかぎとなった。現存する最古のトルコ語資料。オルコン碑文。」

「かの有名な突厥文字によって書かれた石碑ですよ。」
「はい。」

「突厥文字と言えば、突厥によって古テュルク語の表記に5世紀から用いられたアルファベットであり、代表的なものとしてオルホン碑文に書かれたものがあるため、オルホン文字とも呼ばれる。」

「王を称え歴史を叙述する内容のものですよ。」
「はい。」

「突厥文字と共にテュルク語も並記されていますよ。」
「そうなんだ。」

「テュルク語と言えば、テュルク諸語(テュルクしょご)/突厥諸語(とっけつしょご)は、中央アジア全体やモンゴル高原以西にあるアルタイ山脈を中心に東ヨーロッパから北アジア(シベリア)に至る広大な地域で話される、言語系統を同じくする諸言語の総称である。テュルク諸語全体をひとつの言語、「テュルク語」と見なし、各言語を「テュルク語の方言」とする立場もありうる。」

「古代テュルク語を復元する上で、考古学的に極めて重要な価値がありますよ。」
「はい。」

「8世紀に建設された“オルド・バリク城址”の跡である「カラ・バルガスン遺跡」も残されていますよ。」
「はい。」

「カラ・バルガスン遺跡と言えば、8世紀のウイグル可汗国(回鶻)時代に建設されたオルド・バリク城址を中心とする遺跡群である。カラ・バルガスン(ハル・バルガス、ハラ・バルガスン)とはモンゴル語で「黒き都市、廃墟の都市」を意味する。位置は北緯47度24-26分・東経102度38-39分、モンゴル国のオルホン川西岸にある。」

「オルド・バリク城址と言えば、オルド・バリク(オルドゥ・バリク、Ordu-Baliq)はウイグル可汗国(回鶻)の第3代君主である牟羽可汗(ぼううかがん、/wiki/%E6%8B%BC%E9%9F%B3在位:759年 - 779年)によって建設された都城。」

「「カラ・バルガスン」とは、モンゴル語で「廃墟の都市」という意味ですよ。」
「はい。」

「その名の通り、宮殿跡の土塁と周囲の城壁が残されているだけですよ。」
「そうなんだ。」

「しかし、大自然を感じされるロケーションの中に、朽ちた巨大な土塁や城壁が残る様はそれだけで十分圧巻ですよ。」
「はい。」

「16世紀に建てられたモンゴル最古の寺院である「エルデネ・ゾー」もありますよ。」
「はい。」

「モンゴル最古の寺院である「エルデネ・ゾー」と言えば、モンゴルで最古の寺院である。1585年、アブタイ・サイン・ハーン により建設。 境内にある巨大な仏塔はソボルガン塔といい、堕落した僧侶たちを戒めるものといわれる。また、ラブラン・ゾーは18世紀に信者たちの寄進で完成した。 カラコルム近郊。世界遺産オルホン渓谷の一部。」

「寺院は、108もの仏塔がある城壁で四角く囲まれていますよ。」
「そうなんだ。」

「後に建てられた黄金の仏塔には、10万もの仏陀像があると言われていますよ。」
「はい。」

「共産主義の時代に一部が破壊されつつも、生き残った貴重なチベット仏教寺院ですよ。」
「そうなんだ。」

「チベット仏教寺院と言えば、チベット仏教は、根本説一切有部の厳格な戒律に基づく出家制度から、大乗顕教の諸 哲学や、金剛乗の密教までをも広く包含する総合仏教である。強巴林(チャンバリン)は、名古屋の守山の地に建立された日本初の本格的なチベット仏教寺院です。」

「他にも、かのチンギス・ハーンが造営した都カラコルムの遺跡がありますよ。」
「はい。」

「都カラコルムと言えば、モンゴル高原中央部のモンゴル国首都ウランバートルから西へ400km、ウブルハンガイ県のオルホン河畔に位置する都市である。カラコルムとはテュルク語・モンゴル語で「黒い砂礫」を意味する。」

「チンギス・ハーンと言えば、モンゴル帝国の初代皇帝(在位:1206年 - 1227年)。大小様々な集団に分かれてお互いに抗争していたモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に征服。最終的には当時の世界人口の半数以上を統治するに到る人類史上最大規模の世界帝国であるモンゴル帝国の基盤を築き上げた。」

「「オルホン渓谷の文化的景観」の見所は、たくさんありますよ。」
「そうなんだ。」

「モンゴルの遊牧民の歴史を凝縮した世界遺産「オルホン渓谷の文化的景観」ですよ。」
「はい。」

「現地では遺跡だけはなく、ゲル(遊牧民が使う移動式住居)に宿泊するツアーなどもありますよ。」
「はい。」

「ゲル(遊牧民が使う移動式住居)と言えば、主にモンゴル高原に住む遊牧民が使用している、伝統的な移動式住居のことである。日本では、中国語の呼び名に由来するパオ(包)という名前で呼ばれることも多い。」

「遊牧民の文化を存分に味わうことができますよ。」
「はい。」

「遺跡を見て回りながら、ステップを駆け回った遊牧民たちのロマン溢れる歴史に触れてみませんか。」
「わかりました。」

このページのトップへ戻る


目次】世界遺産24.com

このページのトップへ戻る

第1章】世界遺産の基礎

第1章第1節】世界遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第2節】世界遺産登録について

このページのトップへ戻る

第1章第3節】世界遺産条約とは

このページのトップへ戻る

第1章第4節】世界遺産の登録数

このページのトップへ戻る

第1章第5節】世界遺産加入後のメリット

このページのトップへ戻る

第1章第6節】文化遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第7節】自然遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第8節】複合遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第9節】危機遺産とは

このページのトップへ戻る

第1章第10節】ユネスコの役割

このページのトップへ戻る

第2章】人気の世界遺産

第2章第1節】アンコール遺産群について

このページのトップへ戻る

第2章第2節】マチュ・ピチュについて

このページのトップへ戻る

第2章第3節】グランド・キャニオン国立公園について

このページのトップへ戻る

第2章第4節】ヴェネツィアについて

このページのトップへ戻る

第2章第5節】ぺトラについて

このページのトップへ戻る

第2章第6節】カナディアン・ロッキー山脈自然公園郡について

このページのトップへ戻る

第3章】日本の人気の世界遺産

第3章第1節】知床について

このページのトップへ戻る

第3章第2節】平泉について

このページのトップへ戻る

第3章第3節】日光の社寺について

このページのトップへ戻る

第3章第4節】屋久島について

このページのトップへ戻る

第3章第5節】広島の平和記念碑について

このページのトップへ戻る

第3章第6節】姫路城について

このページのトップへ戻る

第3章第7節】古都京都の文化財について

このページのトップへ戻る

第3章第8節】厳島神社について

このページのトップへ戻る

第4章】日本にある様々なユネスコ世界遺産

第4章第1節】世界農業遺産とは

このページのトップへ戻る

第4章第2節】世界ジオパークとは

このページのトップへ戻る

第4章第3節】ユネスコエコパークとは

このページのトップへ戻る

第5章】世界遺産のあれこれ

第5章第1節】世界遺産の評価基準

このページのトップへ戻る

第5章第2節】世界遺産の登録の流れ

このページのトップへ戻る

第5章第3節】世界遺産の保護

このページのトップへ戻る


モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観~西・中央・東アジアの世界遺産~世界遺産旅行記~世界遺産モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観~西・中央・東アジアの世界遺産~世界遺産旅行記~

モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観

参考情報:オルホン渓谷の文化的景観モンゴル 文化遺産世界遺産 sorldheritagesitexyzorkhonオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷は、モンゴルの首都ウランバートルの西方約360 kmに在るモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷です。 その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を オルホン渓谷文化的景観の絶景写真画像 モンゴルの世界遺産sdliftphotophotoDisplayWorldHeritage122オルホン渓谷文化的景観の絶景写真画像 です。モンゴルの世界遺産。オルホン川両岸に広がる渓谷にウイグル王国の都跡、カラコルムなど数多くの重要な遺跡が残存。2000年以上にわたって遊牧生活の伝統を守り通している地域。世界遺産オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の sabroadnetasiamongoliaheritage000702名称オルホン渓谷の文化的景観モンゴル 英語名称Orkhon Valley Cultural Landscape ジャンル世界遺産 分類文化遺産 広大な牧草地とそこに残る遊牧民の遺跡 モンゴル遊牧民族の歴史を今に伝えるオルホン渓谷の遺跡群。オルホン渓谷 sjaikipediaorgikiオルホン渓谷オルホン渓谷オルホンけいこくはモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷。首都ウランバートルの西方約360 kmに在る。その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を例証するものとして、 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル その他の都市の評判 tabisukearukikataosr103r10496r0MN8オルホン渓谷の文化的景観 基本情報 Orkhon Valley Cultural Landscape 登録年2004年 オルホン渓谷は、2000年にわたり、遊牧生活が営まれてきた場所で、6~7世紀の考古遺跡、8~9世紀のウイグル王国の都カラ オルホン渓谷文化的景観モンゴル 世界遺産阪急交通社hankyutravelheritagechinaorkhonオルホン渓谷に最初の重要なモニュメントを遺したのは、6~7世紀にモンゴル高原から中央アジアまでを支配したテュルク系の突厥トッケツです。渓谷に建つ石碑には、遊牧系最古の文字とされる突厥文字が刻まれています。世界遺産オルホン渓谷の文化的景観エルニデゾー onsnetaka1997travel2007mongoliadiaryerユネスコの世界遺産 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴルの首都ウランバートルの西350kmにあるオルホン渓谷の文化的景観は、2004年に世界遺産として登録された。 文化的景観とは人類の文化と自然の共存がするもので、日本では オルホン渓谷の文化的景観の歴史をやさしく解説 sondertriphistory62497オルホン渓谷の歴史を語るうえで絶対に外せないのが、モンゴル帝国です。1206年、チンギスハーンが創設した遊牧民族国家ですが、その機動力を生かして領土を拡大していきました。東は東欧やトルコ、南はアフガニスタン。バイカル大自然に生きるオルホン谷の文化的景観geocitiesbaykal300heritage0120170323 オルホン谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観は2004年に登録された。広さは121967ha ウブルハンガイ県とアルハンガイ県にまたがるオルホン河一帯の史跡群である モンゴル最古のチベット仏教寺院。四角く仏塔の モンゴルオルホン渓谷の文化的景観の写真と解説mochi3sekaisekai37モンゴルオルホン渓谷の文化的景観 モンゴル高原を流れるオルホン川流域の広大な牧草地には、6~7世紀の考古遺跡、8~9世紀のウイグル王国の都カラバルガスン遺跡、13世紀にチンギスハーンが築いたカラコルムの遺跡 オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光情報 Latteslattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光情報について Travel Latte では、オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光に役立つ情報を掲載しています。 オルホン渓谷の文化的景観の概要や住所、電話番号などの基本情報、入場料 オルホン渓谷文化的景観 クチコミガイドフォートラベル 4traveloverseasareaasiamongoliakankospot10263826325 2 件のレビューオルホン渓谷文化的景観を実際に訪れた旅行者が徹底評価日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでオルホン渓谷文化的景観や他の観光施設のクチコミをチェックオルホン渓谷文化的景観はモンゴルで21位の史跡遺跡 モンゴルオルホン渓谷の文化的景観アジア世界遺産heritageasia1infopagesorkhonvalleyモンゴルオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観はモンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産です。大草原を擁するモンゴルには古くから2000年以上にわたって遊牧民が暮らし、さまざまな オルホン渓谷 空から眺める世界遺産sorakarasekaiisanMongolia1089オルホン渓谷の文化的景観 登録区分 文化遺産 登録年 2004 概要 写真地図中央はエルデニゾー。世界遺産オルホン渓谷の文化遺産の中で最も規模が大きく最も有名な建造物。モンゴル最古の固定寺院で、約400メートル四方の モンゴル観光地 世界遺産カラコルム遺跡、エレデネゾー寺院 mongoruryokomnkharkhorun世界遺産カラコルムの遺跡 モンゴルには大草原以外にも見どころは数多くあります。中でもオルホン渓谷と呼ばれる文化的景観地域には、多くの遺跡や史跡が残っており、最も有名なのがカラコルム遺跡です。昔からモンゴル国で生活 モンゴル 世界遺産オルホン渓谷 ハラホリン Yahooブログblogsyahooyuuutunarutouha35034516チベット仏教の僧院エルデニゾーは、 108 個の白い仏塔で囲まれた 400m 四方の敷地の中に建つ寺院群で、世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の中心的な遺跡である。オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 Weblio辞書ebliokpjantentオルホン渓谷オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル英名Orkhon Valley Cultural Landscape仏名Paysage culturel de la vallee de l'Orkhon面積75 オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 辞書 類語対義語辞典 オルホン渓谷文化的景観オルホンけいこくぶんかてきけいかん skotobankordオルホン渓谷文化的景観オルホンけいこくぶんかてきけいかんオルホン渓谷文化的景観 2004年に登録された世界遺産文化遺産で、モンゴルの中央部、首都ウランバートル南西のオルホン川両岸に広がる渓谷にある。オルホン渓谷は、昔から豊かな草原 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の写真画像sekai13netlist1081imageオルホン渓谷の文化的景観モンゴル国の世界遺産の写真画像を掲載 トップ → 世界遺産の紹介 → アジア → モンゴル国 地域別アジア 世界遺産第534回 オルホン渓谷の文化的景観 ON AIR tbsheritage1starchive20070304onair20070304 遺産名 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 所在地モンゴルMongol 分 類CiiCiiiCivCL 登録年2004 放送日2007年03月04日 放送回第534回世界遺産第534回 オルホン渓谷の文化的景観 ON AIR tbsheritage1starchive20070304onair20070304 遺産名 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 所在地モンゴルMongol 分 類CiiCiiiCivCL 登録年2004 放送日2007年03月04日 放送回第534回オルホン渓谷文化的景観カラコルムハラホリンモンゴル rurubuoverseasdetailaspxID124651オルホン渓谷文化的景観の 新着クチコミ情報 オルホン渓谷文化的景観のクチコミを投稿しよう。 クチコミ投稿でるるぶトラベルポイント総額10 万円分を山分けキャンペーンに参加できるよカラコルム 各地域のポイントをご紹介 モンゴル旅行 tabitamagomongoliatourtopics02モンゴル中央部のオルホン河両岸に広がっているオルホン渓谷の文化的景観は2000年以上の歴史を有する遊牧民の伝統を 今に伝えるものとして、2004年にユネスコの世界遺産文化遺産に登録されました。 オルホン渓谷の文化的 オルホン渓谷の文化的景観 世界遺産への行き方gosekaiisan1121201120101文化遺産 世界遺産登録 2004年 位置 モンゴル、オルホン県 概要 モンゴル高原を流れるオルホン川流域の広大な牧草地では、2000年にわたって遊牧生活が営まれており、多くの考古遺跡が点在する。最も古いのは6~7世紀のトルコ人の遺跡 オルホン渓谷の文化的景観のクチコミ 渓谷に点在する世界 tabisukearukikatamouth105788オルホン渓谷の世界遺産群は広大な平原と渓谷に点在しています。トルコ時代やチンギスハーンのモンゴル帝国時代の遺跡があちこちに見られます。効率よく回るにはオルホン渓谷に特化したツアーに参加するのが一番でしょう。世界遺産カラコルム遺跡オルホン渓谷ゲル滞在モンゴル mongoruryokomntour31カラコルム遺跡。エレデネゾー寺院。亀石 モンゴルには大草原以外にも見どころは数多くあります。中でもオルホン渓谷と呼ばれる文化的景観地域には、多くの遺跡や史跡が残っており、最も有名なのがカラコルム遺跡です。オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス方 slattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス方法について LATTE TRAVEL では、オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図とアクセス方法オルホン渓谷の文化的景観への行き方などを掲載しています。 オルホン渓谷の 東方観光局世界遺産 モンゴル オルホン渓谷の文化的景観eastedgeheritageindexareaasia&untry名称英語 Orkhon Valley Cultural Landscape カテゴリー 文化遺産 登録 2004年 位置 モンゴル中央部オルホン川両岸 北緯47度33分24秒 東経102度49分53秒 概要 オルホン渓谷は、ウランバートルの南西360km、モンゴル中央部のオルホン オルホンモンゴル オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonスポーサードリンク オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape オルホン渓谷の文化的景観は、モンゴル中央部ウランバートルの南西約300kmに位置する考古学遺跡である。 この地域は、古くから 社会遺産学芸員協会 モンゴルオルホン渓谷の文化的景観tabigakuororldplusc1モンゴル中央部オルホン川両岸に広がる草原の王の渓谷。トルコ系ウィグルの都跡89世紀ハルバルガス遺跡があり、中国唐との関わりを示す漢文とともにモンゴル高原遊牧系最古の文字を刻むオルホン碑文が8世紀トルコ系突厥の オルホン渓谷とは goo ウィキペディアpediagooneikiオルホン渓谷文化的景観重要性 編集 何世紀にも渡って、オルホン渓谷はステップの王者の座所と見なされてきた。その最初の徴は、8世紀の突厥とっけつ、とっくつのビルゲカガンによってこの渓谷に立てられたオルホン碑文である。東方観光局世界遺産 モンゴル オルホン渓谷の文化的景観eastedgeheritageindexareaasia&untry名称英語 Orkhon Valley Cultural Landscape カテゴリー 文化遺産 登録 2004年 位置 モンゴル中央部オルホン川両岸 北緯47度33分24秒 東経102度49分53秒 概要 オルホン渓谷は、ウランバートルの南西360km、モンゴル中央部のオルホン オルホンモンゴル オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonスポーサードリンク オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape オルホン渓谷の文化的景観は、モンゴル中央部ウランバートルの南西約300kmに位置する考古学遺跡である。 この地域は、古くから モンゴルの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト世界遺産ハンターorldheritagemongolia首都ウランバートル南西のオルホン川両岸に広がるオルホン渓谷には石器時代からモンゴル帝国の時代まで2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の考古学遺跡が残っている。主要なモニュメントはオルホン碑文、8~9世紀に モンゴル 世界遺産 一覧 地図世界遺産オンラインガイドsorldheritagesitexyzasiamongoliaオルホン渓谷は、モンゴルの首都ウランバートルの西方約360 kmに在るモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷です。 その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われ 続きを読む アジア モンゴル 世界文化遺産 オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの世界遺産neobackpackersorldheritage1081オルホン渓谷は、モンゴル中北部オルホン川両岸に121967haに広がり、6世紀頃の遺跡が数多く残されている。また13~14世紀にチンギスハーンが築いたモンゴル帝国の首都であったカラコルムがある。この遺跡は遊牧民社会と政治 オルホン滝by ちゃすさん オルホン渓谷文化的景観の 4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2 件のレビューウランバートルのゲストハウスから4泊5日 中央モンゴルツアーに参加して2日目にやってきました。近くのツーリストキャンプゲルに泊まり 夕食後、ゲルから馬に乗っててくてくと連れられて30分。 ガイドブッ オルホン渓谷 オルホン渓谷 行く価値あり トリップアドバイザーstripadvisorAttractionRevieg293955dオルホン渓谷モンゴルに行くならトリップアドバイザーで口コミ34件、写真61枚、地図をチェックオルホン渓谷はモンゴルで28位107件中の観光名所です。 最新の口コミ。 最安値。ホテルを予約するには最適なサイト オルホン渓谷の文化的景観エルデネゾー僧院 モンゴル sekaiisanorkhon1撮影者JKinoshita チャイ雑貨 茶窓 撮影年月2016年09月 モンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっているオルホン渓谷。 その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を示すものとして、ユネスコの世界 オルホン渓谷文化的景観世界遺産の地図orldmapnaviheritagespot1259オルホン渓谷文化的景観の観光に地図を携帯 世界遺産へ旅行や観光に出かける際に、この地図を携帯すれば道に迷ったり目的地が見つからない事が無くて安心できます。携帯電話やスマートフォンで確認できる状態なら、このオルホン オルホン渓谷 動画でひとっ飛び世界遺産ランキングorldheritagechannelareaasiapost657オルホン渓谷 オルホン渓谷オルホンけいこくはモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷。首都ウランバートルの西方約360 kmに在る。その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を例証する 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の概要説明sekai13netlist1081名称 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 種別 文化遺産 iiiiiiv ii建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。iii文化的伝統文明に関する独特な証拠を示す。iv建築様式景観に関する モンゴル旅行オルホン渓谷の世界遺産カラコルム splazarakutennanasnikkidiary201609030000Mongolia posted by Cnana ブルドから2時間くらい西へ走ったところ オルホン渓谷の文化的景観に位置し 世界遺産に登録されているカラコルムへ 途中、一面の菜の花畑に遭遇 美しいぃ~ で、写真ストップだったのだけど イコール、青空 オルホン滝by ちゃすさん オルホン渓谷文化的景観の 4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2 件のレビューウランバートルのゲストハウスから4泊5日 中央モンゴルツアーに参加して2日目にやってきました。近くのツーリストキャンプゲルに泊まり 夕食後、ゲルから馬に乗っててくてくと連れられて30分。 ガイドブッ オルホン渓谷 オルホンけいこくオルホン渓谷の意味 goo国語辞書dictionarygoonejn249422meaningm0u意味や解説、類語。Orhony khondiiОрхоны хндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの渓谷地帯。突厥 とっけつ 文字解読の手掛かりとなった8世紀建立のオルホン碑文、東ウイグル河汗 かがん 国の都城であるハルバルガス モンゴル国の世界遺産 sjaikipediaorgikiモンゴル国の世界遺産オルホン渓谷の文化的景観 2004年 オルホン県 文化 2 3 4 モンゴルアルタイ山脈の岩絵群 2011年 バヤンウルギー県 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴル 世界遺産 写真集 drift555blog120fc2blogentry205馬に乗って草原を駆け巡る遊牧民、住居は移動式のテントのような形状のゲル ~モンゴルで昔から続く遊牧生活が継承されているのが、この国のほぼ中央に位置するオルホン渓谷。チンギスハンゆかりの史跡などが残されています。モンゴルの古都カラコルムのエルデニゾーでチベット仏 guidetravelarticle13318モンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観はウランバートルから西へ約300kmに位置しており、広大な勢力圏を持っていたモンゴル帝国時代の首都カラコルムもその一部。この世界遺産いちばんの見どころ、カラコルムにある モンゴル 世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産 ビルゲ blogsyahooyuuutunarutouha35048138ホショーツァイダム博物館。ハラホリンカラコルム近郊。2014 年 7 月8日火。世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産の見所の一つであるホショーツァイダム博物館はハラホリンの北東約40km、オルホン川東岸 にあり、8世紀の オルホン渓谷オルホンケイコクとは コトバンクskotobankordオルホン渓谷オルホン‐けいこくオルホン渓谷 Orhony khondii Орхоны хндий モンゴル中央部、オルホン川沿いの渓谷地帯。突厥とっけつ文字解読の手掛かりとなった8世紀建立のオルホン碑文、東ウイグル河汗かがん国の都城です。・・・・・・オルホン渓谷の文化的景観モンゴル文化遺産の世界遺産sorldheritagesitexyzorkhonオルホン文化的景観オルホン渓谷の谷は西にウランバートルのモンゴルの首都の約360キロにあるオルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっている渓谷、です。渓谷の文化的景観は、遊牧民のオルホン渓谷の文化的景観は、2000年以上にわたって培ってきた素晴らしい写真画像モンゴル伝統の世界遺産sdliftphotophotoDisplayWorldHeritage122オルホン渓谷の文化的景観の素晴らしい写真画像です。モンゴルの世界遺産。両側Toatoにまで及ぶ渓谷のウイグル王国のオルホン川、重要な遺跡の数は、カラコルムとして、残ります。2000年以上のための地域遊牧生活の伝統による。世界遺産オルホン渓谷オルホン渓谷の文化的景観のジャンルのsabroadnetasiamongoliaheritage000702名オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観モンゴル英語名世界遺産の分類文化遺産広大な牧草地となりました遊牧民のモンゴル遊牧民の歴史の遺跡がオルホン渓谷の遺跡が残っています伝える。オルホン渓谷sjaikipediaorgikiオルホン渓谷オルホン渓谷オルホン渓谷は、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっている渓谷です。首都ウランバートルの360キロ程度西側に位置しています。遊牧民の伝統を説明するよう渓谷の文化的景観は、2000年以上にわたって培ってきた文化的景観の評判モンゴル、オルホン文化的景観登録2004年のオルホン渓谷tabisukearukikataosr103r10496r0MN8オルホン渓谷の文化的景観の基本的な情報オルホン渓谷の他の都市バレーは、遊牧生活はItonamaをされている場所で、資本カラオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの世界遺産の67世紀、89世紀ウイグル王国の遺跡で2000年の期間にわたっての最初の後ろに残っていましたさ阪急hankyutravelheritagechinaorkhonオルホン渓谷の重要なモニュメントは、67世紀に中央アジアモンゴル高原から支配したトルコ系のテュルクTokketsuです。記念碑は最古の文字が刻まれている遊牧システムです、チュルク文字谷間に位置しています。モンゴルの首都ウランバートルの西350キロのユネスコ世界遺産オルホン渓谷の文化的景観onsnetaka1997travel2007mongoliadiaryer世界遺産オルホン渓谷の文化的景観Erunidezoでオルホン渓谷の文化的景観は、2004年に世界遺産に文化的景観を登録された自然の共存そして、オルホン渓谷sondertriphistory62497やさしい解説オルホン渓谷の文化的景観の歴史の歴史についての話の面で絶対的に除去されず、日本の人類の文化、モンゴル帝国があります。1206年、ジェンギスカーン設立されたことが遊牧国家であるが、私はその移動性を利用して領土を拡大していきます。東東欧やトルコ、アフガニスタン南部。オルホン渓谷は、2004サイズに登録されている生活する文化的景観バイカル自然のオルホン渓谷の文化的景観geocitiesbaykal300heritage0120170323オルホン渓谷の文化的景観モンゴル最古のチベット仏教の寺院が121967ヘクタールウブルハンガイ県とアルハンガイにまたがるオルホン川ゾーンの歴史的なグループです州。スクエアパゴダ盧モンゴルのオール香港バレー盧培養対象の風景オルホン川流域盧広大な名前の牧草地を流れる第二の歯、67世紀盧遺跡、8 WO盧写真ドア解説mochi3sekaisekai37モンゴルオール香港バレー盧培養対象の風景モンゴル高原資本Karabarugasun遺跡の9世紀盧ウイグル王国、13世紀にジェンギスカーン建て遺跡カラコルムのオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの谷、オルホン渓谷の旅行Latteの観光情報Latteslattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン文化的景観モンゴルのための観光情報文化的景観この記事では、観光のモンゴルを支援するための情報が含まれています。概要とアドレスのオルホン渓谷の文化的景観、電話番号などの基本情報、入場料オルホン渓谷の文化的景観のレビューは、オル香港旅行の谷の4つの旅行4traveloverseasareaasiamongoliakankospot10263826325 2件実際最大の旅行口コミレビューサイトのレビュー徹底的な評価、日本文化的景観を訪れ案内しますオルホン渓谷の文化的景観や他の観光施設文化的景観アジアの世界遺産史跡の21のheritageasia1infopagesorkhonvalleyモンゴルオール香港の谷の4つの旅行のチェックオール香港渓谷の文化的景観は、モンゴルの文化的景観オルホン渓谷の文化的景観にモンゴルのオール香港谷遺跡モンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産です。モンゴルから生活遊牧民は、2000年以上の古いその草原で、文化的景観の登録区分文化遺産2004年度概要写真はオルホン渓谷の上空Erudenizoの様々な世界遺産sorakarasekaiisanMongolia1089オルホン渓谷の景色の中心をマップします。世界遺産オルホン渓谷の文化遺産で最大かつ最も最も有名な建物。モンゴル最古の固定された寺で、約400平方メートルのモンゴル観光地の世界遺産カラコルムの遺跡は、草原に加えてEredenezo寺院mongoruryokomnkharkhorun世界遺産の観光スポットには、廃墟にモンゴルカラコルムが多くあります。このうち、オルホン渓谷の文化的景観と呼ばれるエリアは、遺跡や史跡の多くは、最も有名なのカラコルム遺跡であるが残ります。長い時間のためにモンゴルでモンゴルの世界遺産オルホン渓谷Harahorinヤフーブログblogsyahooyuuutunarutouha35034516チベット仏教の僧院Erudenizoは白い石塔の108枚に囲まれた400メートルの正方形サイトに建設される寺れるリビング、文化的な世界遺産オルホン渓谷は、中央の遺跡であります風景の。Weblio辞書ebliokpjantentオルホン渓谷オルホン渓谷オルホン渓谷の文化的景観モンゴル英語名オルホン渓谷の概要オルホン渓谷の文化的景観仏名のPaysage culturelデラヴァレドゥオルホンエリアのオルホン渓谷オルホン渓谷の概要75オルホン渓谷オルホン渓谷の概要辞書シソーラス反意語辞書オルホン渓谷の文化的景観にオルホン渓谷の文化的景観は、オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観に年に登録された2004世界遺産文化遺産、モンゴルの中央部、ウランバートル南西部に広がる渓谷に資本をskotobankordオルホン川の両岸。オルホン渓谷は、モンゴルの世界遺産写真画像のオルホン渓谷の文化的景観sekai13netlist1081image写真画像の豊かな草原世界遺産オルホン渓谷の文化的景観は昔からアジア→モンゴル地域→世界遺産のトップ→紹介を掲載アジアの世界遺産の#534回谷オルホン渓谷の文化的景観の場所モンゴルモンゴル分類CiiCiiiCivCL登録2004年放送日の#の遺産名オルホン渓谷の文化的景観のAIRのtbsheritage1starchive20070304onair20070304 ONオルホン文化的景観534回04日放送回2007年5月3日世界遺産#534回オルホン渓谷の文化的景観ON AIRのtbsheritage1starchive20070304onair20070304遺産名オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観の場所モンゴルモンゴル分類CiiCiiiCivCL登録2004年放送日03 2007年5月4日の放送回#534回オルホン渓谷の文化 風景カラコルム原ホリンモンゴルrurubuoverseas detailaspxID124651オルホンはレビュー新しいレビュー情報渓谷の文化的景観のオルホン渓谷の文化的景観を投稿してみてください。レビュー記事でそのことにより、各領域のカラコルムポイントを広めたオルホン渓谷の文化的景観は、2000年にオルホン川に導入モンゴル旅行tabitamagomongoliatourtopics02モンゴル中央部の両岸にキャンペーンを山分け10万円の低料金ポイント合計に参加することができます今以上の歴史を持つ遊牧民の伝統を伝えるために、それがオルホン方向が谷の世界の谷の文化オルホン文化的景観世界遺産に文化遺産をgosekaiisan1121201120101 2004年にユネスコの世界遺産文化遺産として登録されました2004位置モンゴル、オルホン県の概要モンゴル高原、Itonamaは2000年以上の遊牧生活と、散乱遺跡がたくさん流れるオルホン川の広大な草原での遺産。トルコの遺跡オルホン渓谷67世紀のレビュー渓谷の文化的景観に点在する世界tabisukearukikatamouth105788オルホン渓谷の世界遺産グループの最古のは、広大な平原や谷に点在しています。トルコ時代のモンゴル帝国とチンギスハーンの遺跡があちこちで見ることができます。効率的に有効にするにはオルホン渓谷に特化したツアーに参加するのがベストでしょう。世界遺産カラコルムはオルホン渓谷ゲルはモンゴルmongoruryokomntour31カラコルム遺跡滞在遺跡。Eredenezo寺院。多くの観光スポットに位置モンゴルの亀石も草原以外です。このうち、オルホン渓谷の文化的景観と呼ばれるエリアは、遺跡や史跡の多くは、最も有名なのカラコルム遺跡であるが残ります。そのような私たちが置かオルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図やアクセス方法への方向としてLATTE TRAVEL、中谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス方法のためのモンゴルの谷slattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホンのオルホン文化的景観マップアクセス側。渓谷の文化的景観eastedgeheritageindexareaasiauntry名英語オルホン渓谷の文化的景観のカテゴリー文化遺産登録2004年位置中央モンゴルオルホン川両岸の北緯47度33分24秒東経102度49分オルホン渓谷モンゴルオルホンの東部観光局世界遺産53秒概要オルホン渓谷、ウランバートルの南西360キロ、モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonはモンゴル中央部の第3のリンクオルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観を話したオルホンオール香港モンゴルオルホン渓谷の文化的景観、中央モンゴルウランバートルには遺跡が置かれています300キロ程度南西。面積は協会モンゴルオール香港渓谷の文化的景観は昔の両側に広がる大草原の王の中央モンゴルオルホン川渓谷をtabigakuororldplusc1社会的文化遺産のキュレーターです。テュルク系ウイグル、グーウィキペディアのpediagooneikiオルホン渓谷と中国唐とオルホン碑文の最も古いエドモンド文化以上の関係を示すと、8世紀テュルクテュルクオルホン渓谷の文字が刻まれたモンゴル高原の遊牧システムのToato 89世紀Harubarugasuの遺跡があります何世紀もの編集景観重要性、オルホン渓谷は、王のステップの座席の場所と考えられてきました。8世紀テュルクとKketsuの、蝶の最初は、オルホン碑文がTokkutsuのBirugekaganによって、この谷に建てられたです。文化的景観eastedgeheritageindexareaasiauntry名英語オルホン渓谷の文化的景観のカテゴリー文化遺産登録2004年位置中央モンゴルオルホン川両岸の北緯47度33分24秒東経102度49分53秒東方観光局世界遺産の概要オルホン渓谷モンゴルオルホン渓谷は、ウランバートルの南西360キロ、文化的景観の文化的景観であるオルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonはモンゴル中央部の第3のリンクオルホン渓谷オルホンオール香港モンゴルオルホン渓谷を約南西中央モンゴルウランバートルのそれは、ある話を聞きました300キロに位置遺跡。地域、古代から世界遺産のモンゴルは、オルホン渓谷のモンゴル帝国の時代に石器時代から2000年以上のためのリストは、リストの南西オルホン川の両岸の世界遺産ハンターorldheritagemongolia首都ウランバートルに広がりますそこに3つのすべての場所の文化が割れてきた遊牧民の遺跡のまま。主な記念碑は、オルホン渓谷sorldheritagesitexyzasiamongoliaモンゴルの世界遺産リスト地図世界遺産オンラインガイドでは、89世紀オルホン碑文である西にモンゴルの約360キロに位置しており、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっていますウランバートルの首都はそれは谷です。渓谷の文化的景観は、アジアモンゴル世界文化遺産オルホン渓谷の文化的景観モンゴル読むの世界遺産neobackpackersorldheritage1081オルホン渓谷は、より北部オルホン川で121967ヘクタールに広がり、2000年以上にわたって培っモンゴルの両岸には、それは多くの遺跡が残されています6世紀の周り。13日と14世紀に加えて、ジェンギスカーンカラコルムは、モンゴル帝国の首都が建設されたたです。遺跡はウランバートルの風景の4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2件のゲストハウスからお茶スーザンオルホン渓谷の文化5日間、4泊中央モンゴルツアーで遊牧社会と政治オルホン滝に参加して二日目に来ました。ツーリストキャンプゲルの近くに滞在する夕食の後、30分をゲルから馬に乗っTekutekuにもたらされます。ガイドブックオルホン渓谷オルホン価値バレーは、モンゴル、61枚の写真に興味がトリップアドバイザーstripadvisorAttractionRevieg293955dオルホン渓谷34件のニュースレターを行くモンゴル107の#28を行うにはオール香港バレーマップ物事を確認してください。最新の口コミ。最も安い価格。年2016ホテルを予約するオルホン川に最高のサイトオルホン渓谷のモンゴル中央部の両側に広がっている5月9日オルホン渓谷を取るの文化的景観Erudenezo修道院モンゴルsekaiisanorkhon1カメラマンJKinoshitaチャイ雑貨茶窓。渓谷の文化的景観は、遊牧民の伝統の指標として、モバイルが2000年以上にわたって培ってきた、あなたは、観光マップ、ユネスコの世界オルホン渓谷の文化的景観世界遺産のorldmapnaviheritagespot1259オルホン渓谷の文化的景観上のマップをする外出時世界遺産への旅行や観光、そしてあなたはそれがあなたが先を見つけるか、携帯する場合は、このマップを失ったことができないということではありません安心することができます。携帯電話やスマートフォンで見ることができる状態は、谷のビデオでオルホンオルホンができます場合は、オルホン渓谷オルホン渓谷オルホン渓谷は、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっている渓谷でorldheritagechannelareaasiapost657世界遺産ランキングを飛びます。首都ウランバートルの360キロ程度西側に位置しています。遊牧民の伝統を説明するための谷の文化的景観、文化的景観オルホン渓谷の文化的景観タイプ世界遺産オルホン渓谷の名前オルホン渓谷sekai13netlist1081文化的景観の概要の文化遺産は、それが表す、2000年以上のiiiiiiv IIの建物のために栽培されてきました都市計画の発展における人類の価値の重要な交流。これは、III伝統文化文明のユニークな証拠を示しています。Cnanaにより投稿され世界遺産カラコルムsplazarakutennanasnikkidiary201609030000Mongoliaに位置している上カラコルムIVアーキテクチャ景観への道は、モンゴルのBurudoオルホン渓谷の文化的景観から西に約2時間を実行していた、オルホン渓谷は世界遺産として登録されている一面を移動フィールドにの美しさのIiが発生したが、それは写真ストップ等しい、4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2件のゲストハウスから5日間、4泊中央モンゴルツアーに参加してお茶スーザンオルホン渓谷の文化的な2日間による青空オルホン滝だった菜の花ウランバートルの風景の私が目に来ました。ツーリストキャンプゲルの近くに滞在する夕食の後、30分をゲルから馬に乗っTekutekuにもたらされます。谷グー言語辞書dictionarygoonejn249422meaningm0uの意味と解説、シソーラスのガイドブックオルホン渓谷オルホン渓谷オルホン意味。OrhonykhondiiОрхоныхндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの谷エリア。今ではテュルクとKketsu文字手掛かり、解読のオルホン碑文に建てられた8世紀には、都城市の世界遺産であるHarubarugasuモンゴルの国をしゃがん東ウイグル川の汗はsjaikipediaorgikiモンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観2004オルホン県文化2 3 4モンゴルの遊牧生活の中で昔から続くモバイル10トンのような形 岩絵群モンゴルのアルタイ山脈はモンゴルの世界遺産写真のBayan'urugi県オルホン渓谷の文化的景観は、馬に乗っdrift555blog120fc2blogentry205 2011は、周りのゲル住居、草原の遊牧民から来ましたそれは、この国のほぼ中央に位置していますオルホン渓谷を継承しています。このようなジンギスカンゆかりの史跡として残されています。チベット仏の文化的景観にも一部を資本影響カラコルムの広大な球を持っていたウランバートル、モンゴル帝国、約300キロ西に位置しているカラコルムの古代都市のモンゴルのErudenizoにモンゴルの世界遺産オルホン渓谷をguidetravelarticle13318。興味のある世界遺産のほとんどのポイントは、文化遺産ビルジは、カラコルムでモンゴルの世界遺産オルホン渓谷のホショーツァイダム博物館blogsyahooyuuutunarutouha35048138。原ホリンカラコルム郊外。2014年7月8日の火災。世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産は、北東1つの電子番組ツァイダム博物館オルホン川東岸に位置して関心のHarahorinポイント、約40キロで、オルホン渓谷d'Orは、この警告とKotobankuの8世紀にはskotobankordオルホン渓谷ですオルホン バレーオルホン渓谷Orhony khondiiОрхоныхндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの谷エリア。今ではテュルクとKketsu文字手掛かり、解読のオルホン碑文に建てられた8世紀には、都城東ウイグル川の汗やがんの国です。untry名前英語オルホン渓谷の文化的景観のカテゴリー文化遺産登録2004年位置中央モンゴルオルホン川両岸の北緯47度33分24秒東経102度49分53秒東方観光局世界遺産モンゴルオルホン渓谷の概要オルホン渓谷です、ウランバートルの南西360キロ、文化的景観の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonはモンゴル中央部の第3のリンクオルホン渓谷オルホンオール香港モンゴルオルホン渓谷は、中央モンゴルウランバートルの南西約それはに位置遺跡で、ある話を聞きました300キロ。地域、古代から世界遺産のモンゴルは、オルホン渓谷のモンゴル帝国の時代に石器時代から2000年以上のためのリストは、リストの南西オルホン川の両岸の世界遺産ハンターorldheritagemongolia首都ウランバートルに広がりますそこに3つのすべての場所の文化が割れてきた遊牧民の遺跡のまま。主な記念碑は、オルホン渓谷sorldheritagesitexyzasiamongoliaモンゴルの世界遺産リスト地図世界遺産オンラインガイドでは、89世紀オルホン碑文である西にモンゴルの約360キロに位置しており、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっていますウランバートルの首都はそれは谷です。渓谷の文化的景観は、アジアモンゴル世界文化遺産オルホン渓谷の文化的景観モンゴル読むの世界遺産neobackpackersorldheritage1081オルホン渓谷は、より北部オルホン川で121967ヘクタールに広がり、2000年以上にわたって培っモンゴルの両岸には、それは多くの遺跡が残されています6世紀の周り。13日と14世紀に加えて、ジェンギスカーンカラコルムは、モンゴル帝国の首都が建設されたたです。遺跡はウランバートルの風景の4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2件のゲストハウスからお茶スーザンオルホン渓谷の文化5日間、4泊中央モンゴルツアーで遊牧社会と政治オルホン滝に参加して二日目に来ました。ツーリストキャンプゲルの近くに滞在する夕食の後、30分をゲルから馬に乗っTekutekuにもたらされます。ガイドブックオルホン渓谷オルホン価値バレーは、モンゴル、61枚の写真に興味がトリップアドバイザーstripadvisorAttractionRevieg293955dオルホン渓谷34件のニュースレターを行くモンゴル107の#28を行うにはオール香港バレーマップ物事を確認してください。最新の口コミ。最も安い価格。年2016ホテルを予約するオルホン川に最高のサイトオルホン渓谷のモンゴル中央部の両側に広がっている5月9日オルホン渓谷を取るの文化的景観Erudenezo修道院モンゴルsekaiisanorkhon1カメラマンJKinoshitaチャイ雑貨茶窓。渓谷の文化的景観は、遊牧民の伝統の指標として、モバイルが2000年以上にわたって培ってきた、あなたは、観光マップ、ユネスコの世界オルホン渓谷の文化的景観世界遺産のorldmapnaviheritagespot1259オルホン渓谷の文化的景観上のマップをする外出時世界遺産への旅行や観光、そしてあなたはそれがあなたが先を見つけるか、携帯する場合は、このマップを失ったことができないということではありません安心することができます。携帯電話やスマートフォンで見ることができる状態は、谷のビデオでオルホンオルホンができます場合は、オルホン渓谷オルホン渓谷オルホン渓谷は、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっている渓谷でorldheritagechannelareaasiapost657世界遺産ランキングを飛びます。首都ウランバートルの360キロ程度西側に位置しています。遊牧民の伝統を説明するための谷の文化的景観、文化的景観オルホン渓谷の文化的景観タイプ世界遺産オルホン渓谷の名前オルホン渓谷sekai13netlist1081文化的景観の概要の文化遺産は、それが表す、2000年以上のiiiiiiv IIの建物のために栽培されてきました都市計画の発展における人類の価値の重要な交流。これは、III伝統文化文明のユニークな証拠を示しています。Cnanaにより投稿され世界遺産カラコルムsplazarakutennanasnikkidiary201609030000Mongoliaに位置している上カラコルムIVアーキテクチャ景観への道は、モンゴルのBurudoオルホン渓谷の文化的景観から西に約2時間を実行していた、オルホン渓谷は世界遺産として登録されている一面を移動フィールドにの美しさのIiが発生したが、それは写真ストップ等しい、4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2件のゲストハウスから5日間、4泊中央モンゴルツアーに参加してお茶スーザンオルホン渓谷の文化的な2日間による青空オルホン滝だった菜の花ウランバートルの風景の私が目に来ました。ツーリストキャンプゲルの近くに滞在する夕食の後、30分をゲルから馬に乗っTekutekuにもたらされます。谷グー言語辞書dictionarygoonejn249422meaningm0uの意味と解説、シソーラスのガイドブックオルホン渓谷オルホン渓谷オルホン意味。OrhonykhondiiОрхоныхндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの谷エリア。今ではテュルクとKketsu文字手掛かり、解読のオルホン碑文に建てられた8世紀には、都城市の世界遺産であるHarubarugasuモンゴルの国をしゃがん東ウイグル川の汗はsjaikipediaorgikiモンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観2004オルホン県文化2 3 4モンゴルの遊牧生活の中で昔から続くモバイル10トンのような形 岩絵群モンゴルのアルタイ山脈はモンゴルの世界遺産写真のBayan'urugi県オルホン渓谷の文化的景観は、馬に乗っdrift555blog120fc2blogentry205 2011の周りにゲル住居、草原の遊牧民から来ましたそれは、この国のほぼ中央に位置していますオルホン渓谷を継承しています。このようなジンギスカンゆかりの史跡として残されています。チベット仏の文化的景観にも一部を資本影響カラコルムの広大な球を持っていたウランバートル、モンゴル帝国、約300キロ西に位置しているカラコルムの古代都市のモンゴルのErudenizoにモンゴルの世界遺産オルホン渓谷をguidetravelarticle13318。興味のある世界遺産のほとんどのポイントは、文化遺産ビルジは、カラコルムでモンゴルの世界遺産オルホン渓谷のホショーツァイダム博物館blogsyahooyuuutunarutouha35048138。原ホリンカラコルム郊外。2014年7月8日の火災。世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産は、北東1つの電子番組ツァイダム博物館オルホン川東岸に位置して関心のHarahorinポイント、約40キロで、オルホン渓谷d'Orは、この警告とKotobankuの8世紀にはskotobankordオルホン渓谷ですオルホン バレーオルホン渓谷Orhony khondiiОрхоныхндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの谷エリア。今ではテュルクとKketsu文字手掛かり、解読のオルホン碑文に建てられた8世紀には、都城東ウイグル川の汗やがんの国です。untry名前英語オルホン渓谷の文化的景観のカテゴリー文化遺産登録2004年位置中央モンゴルオルホン川両岸の北緯47度33分24秒東経102度49分53秒東方観光局世界遺産モンゴルオルホン渓谷の概要オルホン渓谷です、ウランバートルの南西360キロ、文化的景観の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonはモンゴル中央部の第3のリンクオルホン渓谷オルホンオール香港モンゴルオルホン渓谷は、中央モンゴルウランバートルの南西約それはに位置遺跡で、ある話を聞きました300キロ。地域、古代から世界遺産のモンゴルは、オルホン渓谷のモンゴル帝国の時代に石器時代から2000年以上のためのリストは、リストの南西オルホン川の両岸の世界遺産ハンターorldheritagemongolia首都ウランバートルに広がりますそこに3つのすべての場所の文化が割れてきた遊牧民の遺跡のまま。主な記念碑は、オルホン渓谷sorldheritagesitexyzasiamongoliaモンゴルの世界遺産リスト地図世界遺産オンラインガイドでは、89世紀オルホン碑文である西にモンゴルの約360キロに位置しており、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっていますウランバートルの首都はそれは谷です。渓谷の文化的景観は、アジアモンゴル世界文化遺産オルホン渓谷の文化的景観モンゴル読むの世界遺産neobackpackersorldheritage1081オルホン渓谷は、より北部オルホン川で121967ヘクタールに広がり、2000年以上にわたって培っモンゴルの両岸には、それは多くの遺跡が残されています6世紀の周り。13日と14世紀に加えて、ジェンギスカーンカラコルムは、モンゴル帝国の首都が建設されたたです。遺跡はウランバートルの風景の4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2件のゲストハウスからお茶スーザンオルホン渓谷の文化5日間、4泊中央モンゴルツアーで遊牧社会と政治オルホン滝に参加して二日目に来ました。ツーリストキャンプゲルの近くに滞在する夕食の後、30分をゲルから馬に乗っTekutekuにもたらされます。ガイドブックオルホン渓谷オルホン価値バレーは、モンゴル、61枚の写真に興味がトリップアドバイザーstripadvisorAttractionRevieg293955dオルホン渓谷34件のニュースレターを行くモンゴル107の#28を行うにはオール香港バレーマップ物事を確認してください。最新の口コミ。最も安い価格。年2016ホテルを予約するオルホン川に最高のサイトオルホン渓谷のモンゴル中央部の両側に広がっている5月9日オルホン渓谷を取るの文化的景観Erudenezo修道院モンゴルsekaiisanorkhon1カメラマンJKinoshitaチャイ雑貨茶窓。渓谷の文化的景観は、遊牧民の伝統の指標として、モバイルが2000年以上にわたって培ってきた、あなたは、観光マップ、ユネスコの世界オルホン渓谷の文化的景観世界遺産のorldmapnaviheritagespot1259オルホン渓谷の文化的景観上のマップをする外出時世界遺産への旅行や観光、そしてあなたはそれがあなたが先を見つけるか、携帯する場合は、このマップを失ったことができないということではありません安心することができます。携帯電話やスマートフォンで見ることができる状態は、谷のビデオでオルホンオルホンができます場合は、オルホン渓谷オルホン渓谷オルホン渓谷は、オルホン川にモンゴル中央部の両側に広がっている渓谷でorldheritagechannelareaasiapost657世界遺産ランキングを飛びます。首都ウランバートルの360キロ程度西側に位置しています。遊牧民の伝統を説明するための谷の文化的景観、文化的景観オルホン渓谷の文化的景観タイプ世界遺産オルホン渓谷の名前オルホン渓谷sekai13netlist1081文化的景観の概要の文化遺産は、それが表す、2000年以上のiiiiiiv IIの建物のために栽培されてきました都市計画の発展における人類の価値の重要な交流。これは、III伝統文化文明のユニークな証拠を示しています。Cnanaにより投稿され世界遺産カラコルムsplazarakutennanasnikkidiary201609030000Mongoliaに位置している上カラコルムIVアーキテクチャ景観への道は、モンゴルのBurudoオルホン渓谷の文化的景観から西に約2時間を実行していた、オルホン渓谷は世界遺産として登録されている一面を移動フィールドにの美しさのIiが発生したが、それは写真ストップ等しい、4traveloverseasareaasiamongoliakankospot55 2件のゲストハウスから5日間、4泊中央モンゴルツアーに参加してお茶スーザンオルホン渓谷の文化的な2日間による青空オルホン滝だった菜の花ウランバートルの風景の私が目に来ました。ツーリストキャンプゲルの近くに滞在する夕食の後、30分をゲルから馬に乗っTekutekuにもたらされます。谷グー言語辞書dictionarygoonejn249422meaningm0uの意味と解説、シソーラスのガイドブックオルホン渓谷オルホン渓谷オルホン意味。OrhonykhondiiОрхоныхндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの谷エリア。今ではテュルクとKketsu文字手掛かり、解読のオルホン碑文に建てられた8世紀には、都城市の世界遺産であるHarubarugasuモンゴルの国をしゃがん東ウイグル川の汗はsjaikipediaorgikiモンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観2004オルホン県文化2 3 4モンゴルの遊牧生活の中で昔から続くモバイル10トンのような形 岩絵群モンゴルのアルタイ山脈はモンゴルの世界遺産写真のBayan'urugi県オルホン渓谷の文化的景観は、馬に乗っdrift555blog120fc2blogentry205 2011は、周りのゲル住居、草原の遊牧民から来ましたそれは、この国のほぼ中央に位置していますオルホン渓谷を継承しています。このようなジンギスカンゆかりの史跡として残されています。チベット仏の文化的景観にも一部を資本影響カラコルムの広大な球を持っていたウランバートル、モンゴル帝国、約300キロ西に位置しているカラコルムの古代都市のモンゴルのErudenizoにモンゴルの世界遺産オルホン渓谷をguidetravelarticle13318。興味のある世界遺産のほとんどのポイントは、文化遺産ビルジは、カラコルムでモンゴルの世界遺産オルホン渓谷のホショーツァイダム博物館blogsyahooyuuutunarutouha35048138。原ホリンカラコルム郊外。2014年7月8日の火災。世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産は、北東1つの電子番組ツァイダム博物館オルホン川東岸に位置して関心のHarahorinポイント、約40キロで、オルホン渓谷d'Orは、この警告とKotobankuの8世紀にはskotobankordオルホン渓谷ですオルホン バレーオルホン渓谷Orhony khondiiОрхоныхндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの谷エリア。今ではテュルクとKketsu文字手掛かり、解読のオルホン碑文に建てられた8世紀には、都城東ウイグル川の汗やがんの国です。

モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観 観光

参考情報:オルホン渓谷文化的景観の絶景写真画像 モンゴルの世界 sdliftphotophotoDisplayWorldHeritage122オルホン渓谷文化的景観の絶景写真画像 です。モンゴルの世界遺産。オルホン川両岸に広がる渓谷にウイグル王国の都跡、カラコルムなど数多くの重要な遺跡が残存。2000年以上にわたって遊牧生活の伝統を守り通している地域。世界遺産オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷 sabroadnetasiamongoliaheritage000702モンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観についてご紹介します。オルホン渓谷の文化的景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。エイビーロードならあなたにぴったりの旅行ツアーがみつかります。オルホン渓谷文化的景観モンゴル 世界遺産阪急交通社hankyutravelheritagechinaorkhonモンゴル中央部を流れるオルホン川の両岸に、遊牧民が築いてきた数多くの遺跡群であるオルホン溪谷文化的景観。カラコルムやエルデニゾーなど、オルホン溪谷の文化遺産の歴史、見どころを紹介します。 オルホン渓谷文化的 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル その他の都市の評 tabisukearukikataosr103r10496r0MN8こちらはモンゴル その他の都市オルホン渓谷の文化的景観の評判ページです。 オルホン渓谷の文化的景観の旅行情報や評判、旅スケジュール、旅行記、クチコミをご紹介します。 スポット情報のご利用にあたっては、事前にご確認 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル 文化遺産世界遺 sorldheritagesitexyzorkhonオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷は、モンゴルの首都ウランバートルの西方約360 kmに在るモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷です。 その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光情報slattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光情報について LATTE TRAVEL では、オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光に役立つ情報を掲載しています。 オルホン渓谷の文化的景観の概要や住所、電話番号などの基本情報 オルホン渓谷文化的景観カラコルムハラホリンモンゴル rurubuoverseasdetailaspxID124651モンゴルのカラコルムハラホリンにあるオルホン渓谷文化的景観のるるぶ海外観光ガイド。写真や、詳細情報、クチコミなどをご紹介。周辺の観光スポットや観光名所、グルメスポット、ショッピング施設、ツアーなどもチェック オルホン渓谷文化的景観 クチコミガイドフォートラベル 4traveloverseasareaasiamongoliakankospot10263826325 2 件のレビューオルホン渓谷文化的景観を実際に訪れた旅行者が徹底評価日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでオルホン渓谷文化的景観や他の観光施設のクチコミをチェックオルホン渓谷文化的景観はモンゴルで24位の史跡遺跡 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観エルニデゾー onsnetaka1997travel2007mongoliadiaryerユネスコの世界遺産 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴルの首都ウランバートルの西350kmにあるオルホン渓谷の文化的景観は、2004年に世界遺産として登録された。 文化的景観とは人類の文化と自然の共存がするもので、日本では オルホン渓谷の文化的景観モンゴル その他の都市の地 tabisukearukikataosr103r10496r0MN8モンゴル その他の都市オルホン渓谷の文化的景観の地図です。オルホン渓谷の文化的景観を訪ねる旅スケジュールもご紹介。 PickUp 海外プリペイドカード開設キャンペーン中 海外スマホ利用 WiFiルーターレンタル料金比較 旅の基本 オルホン渓谷文化的景観カラコルムハラホリンモンゴル rurubuoverseasdetailaspxID124651モンゴルのカラコルムハラホリンにあるオルホン渓谷文化的景観のるるぶ海外観光ガイド。写真や、詳細情報、クチコミなどをご紹介。周辺の観光スポットや観光名所、グルメスポット、ショッピング施設、ツアーなどもチェック 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観エルニデゾー onsnetaka1997travel2007mongoliadiaryerユネスコの世界遺産 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴルの首都ウランバートルの西350kmにあるオルホン渓谷の文化的景観は、2004年に世界遺産として登録された。 文化的景観とは人類の文化と自然の共存がするもので、日本では オルホン渓谷の文化的景観モンゴル その他の都市の地 tabisukearukikataosr103r10496r0MN8モンゴル その他の都市オルホン渓谷の文化的景観の地図です。オルホン渓谷の文化的景観を訪ねる旅スケジュールもご紹介。 PickUp 海外プリペイドカード開設キャンペーン中 海外スマホ利用 WiFiルーターレンタル料金比較 旅の基本 オルホン渓谷 空から眺める世界遺産sorakarasekaiisanMongolia1089オルホン渓谷の文化的景観 TOP モンゴル オルホン渓谷 空から見た オルホン渓谷 登録名 オルホン渓谷の文化的景観 登録区分 文化遺産 モンゴルの大草原とともに共存しているオルホン渓谷文化的景観sskyticketguide113889モンゴルに存在している世界遺産オルホン渓谷文化的景観。こちらの世界遺産はモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷であり、なんと2000年以上にも渡って培われてきた遊牧民たちの伝統を示すものとして、2004年に オルホン渓谷文化的景観 クチコミガイド2ページフォー 4traveloverseasareaasiamongoliakankospot325 2 件のレビューオルホン渓谷文化的景観を実際に訪れた旅行者が徹底評価日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでオルホン渓谷文化的景観や他の観光施設のクチコミをチェックオルホン渓谷文化的景観はモンゴルで24位の史跡遺跡 東方観光局世界遺産 モンゴル オルホン渓谷の文化的景観eastedgeheritageindexareaasia&untry名称英語 Orkhon Valley Cultural Landscape カテゴリー 文化遺産 登録 2004年 位置 モンゴル中央部オルホン川両岸 北緯47度33分24秒 東経102度49分53秒 概要 オルホン渓谷は、ウランバートルの南西360km、モンゴル中央部のオルホン オルホン渓谷文化的景観世界遺産の地図orldmapnaviheritagespot1259オルホン渓谷文化的景観Orkhon Valley Cultural Landscapeの海外旅行や観光に便利な地図を掲載しています。この世界遺産はグーグルマップGoogle Mapを使用した詳細な地図で徒歩ルート検索や航空写真への切り替えもできます。オルホン渓谷 モンゴル トリップアドバイザー 口コミを参 stripadvisorAttractionRevieg293955dオルホン渓谷モンゴルに行くならトリップアドバイザーで口コミ45件、写真77枚、地図をチェックオルホン渓谷はモンゴルで25位134件中の観光名所です。モンゴル観光地 世界遺産カラコルム遺跡、エレデネゾー寺 mongoruryokomnkharkhorunモンゴル中央部のオルホン河両岸に広がっているオルホン渓谷の文化的景観 は 2000 中央モンゴル観光カラコルムツェンケル温泉ウンドゥルシレットブルドホスタイ国立公園8日間 モンゴルの一番コースです。大草原の 東方観光局世界遺産 モンゴル オルホン渓谷の文化的景観eastedgeheritageindexareaasia&untry名称英語 Orkhon Valley Cultural Landscape カテゴリー 文化遺産 登録 2004年 位置 モンゴル中央部オルホン川両岸 北緯47度33分24秒 東経102度49分53秒 概要 オルホン渓谷は、ウランバートルの南西360km、モンゴル中央部のオルホン モンゴル旅行ツアー観光 HIS海外旅行国内旅 hisjdstmongolモンゴルの見どころ 首都ウランバートル モンゴル一の都会。チベット仏教寺院、ボグドハン宮殿、自然史博物館などの見所あり。 カラコルム遺跡 オルホン渓谷の文化的景観世界遺産。チンギスハーンの息子、オゴタイが1235年に都 オルホン渓谷の文化的景観の歴史をやさしく解説 sondertriphistory62497TOP 歴史 オルホン渓谷の文化的景観 の歴史をやさしく解説 オルホン渓谷の文化的景観の歴史をやさしく解説 古くから中央ユーラシアに暮らした遊牧民族にとって、現在はモンゴル中央部となっているオルホン渓谷は重要な場所 モンゴル 世界遺産 一覧 地図世界遺産オンラインガイドsorldheritagesitexyzasiamongoliaオルホン渓谷は、モンゴルの首都ウランバートルの西方約360 kmに在るモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷です。 その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われ 続きを読む アジア モンゴル 世界文化遺産 オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス slattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス方法について LATTE TRAVEL では、オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図とアクセス方法オルホン渓谷の文化的景観への行き方などを掲載しています。 オルホン渓谷の モンゴル 世界遺産オルホン渓谷 ハラホリン Yahooブログsblogsyahooyuuutunarutouha35034516チベット仏教の僧院エルデニゾーは、 108 個の白い仏塔で囲まれた 400m 四方の敷地の中に建つ寺院群で、世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の中心的な遺跡である。モンゴルオルホン渓谷の文化的景観アジア世界遺産heritageasia1infopagesorkhonvalleyモンゴルオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観はモンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産です。大草原を擁するモンゴルには古くから2000年以上にわたって遊牧民が暮らし、さまざまな モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観~西中央東アジ 世界遺産24sekaiisan254モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観~西中央東アジアの世界遺産~世界遺産旅行記へようこそ オルホン渓谷の文化的景観は、モンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産ですね。 はい。モンゴル旅行おすすめ観光情報sdliftuntryinfountry7オルホン渓谷文化的景観 地図 モンゴル 2004年 オルホン川両岸に広がる渓谷にウイグル王国の都跡、カラコルムなど数多くの重要な遺跡が残存。2000年以上にわたって遊牧生活の伝統を守り通している地域。モンゴルの 移動式家屋 バイカル大自然に生きるオルホン谷の文化的景観geocitiesbaykal300heritage0120171002 オルホン谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観は2004年に登録された。広さは121967ha ウブルハンガイ県とアルハンガイ県にまたがるオルホン河一帯の史跡群である モンゴル最古のチベット仏教寺院。四角く仏塔の モンゴルオルホン渓谷の文化的景観アジア世界遺産heritageasia1infopagesorkhonvalleyモンゴルオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観はモンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産です。大草原を擁するモンゴルには古くから2000年以上にわたって遊牧民が暮らし、さまざまな 遥かなる大草原の国モンゴルの世界遺産を全て紹介 tabipponetmongolorldheritageTOP 世界遺産や絶景まとめ 海外の世界遺産や絶景まとめ観光スポットなど アジアのおすすめ観光スポット旅行情報一覧 東アジアのおすすめ観光スポット旅行情報一覧 モンゴルのおすすめ観光スポット旅行情報一覧オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 Weblio辞書ebliokpjantentオルホン渓谷オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル英名Orkhon Valley Cultural Landscape仏名Paysage culturel de la vallee de l'Orkhon面積75 重要性 何世紀にも渡って、オルホン渓谷はステップの王者の座所 社会遺産学芸員協会 モンゴルオルホン渓谷の文化的景観tabigakuororldplusc1モンゴル中央部オルホン川両岸に広がる草原の王の渓谷。トルコ系ウィグルの都跡89世紀ハルバルガス遺跡があり、中国唐との関わりを示す漢文とともにモンゴル高原遊牧系最古の文字を刻むオルホン碑文が8世紀トルコ系突厥の 世界遺産オルホン渓谷とモンゴル大草原の旅tabidezaAsiaAsiaMongol10世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産 モンゴル帝国の都カラコルム 第2代のオゴタイハンが築き壮麗な宮殿や寺院が築かれマルコポーロも訪ねました。極彩色豊な大仏教寺院エルデニゾーを見学します。 突厥のオルホン碑文オルホン渓谷文化的景観オルホンけいこくぶんかてきけいかん skotobankordオルホン渓谷文化的世界遺産詳解 オルホン渓谷文化的景観の用語解説 2004年に登録された世界遺産文化遺産で、モンゴルの中央部、首都ウランバートル南西のオルホン川両岸に広がる渓谷にある。オルホン渓谷は、昔から豊かな草原が広がる肥沃な バイカル大自然に生きるオルホン谷の文化的景観geocitiesbaykal300heritage0120171002 オルホン谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観は2004年に登録された。広さは121967ha ウブルハンガイ県とアルハンガイ県にまたがるオルホン河一帯の史跡群である モンゴル最古のチベット仏教寺院。四角く仏塔の オルホン渓谷文化的景観 カプトリ Capricious TripcapricioustriptourismdetailspotidTS000713世界遺産 国 モンゴル 州県 エリア 文化遺産 2004 モンゴルの中央部 カプトリスタッフからのコメント 現在オルホン渓谷文化的景観のカプトリからのコメントはあ モンゴル56日間 大草原で乗馬熱気球とカラコルム観光 freebirdmongoltuatour03ユネスコの世界遺産に登録された「オルホン渓谷の文化的景観」に点在する遺産や文化財の中で最も規模が大きく有名なエルデニゾー寺院を見学します。 4つの門と108の卒塔婆に囲まれ、漢建築様式のゴルバンゾー西寺・中央寺 モンゴルの古都カラコルムのエルデニゾーでチベット仏 guidetravelarticle13318モンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観はウランバートルから西へ約300kmに位置しており、広大な勢力圏を持っていたモンゴル帝国時代の首都カラコルムもその一部。この世界遺産いちばんの見どころ、カラコルムにある モンゴルオルホン渓谷の文化的景観の写真と解説mochi3sekaisekai37モンゴルオルホン渓谷の文化的景観の世界遺産を簡潔に解説しています。人類が作り上げた文化や、地球が創り上げた自然の奥深さを感じてください。社会遺産学芸員協会 モンゴルオルホン渓谷の文化的景観tabigakuororldplusc1モンゴル中央部オルホン川両岸に広がる草原の王の渓谷。トルコ系ウィグルの都跡89世紀ハルバルガス遺跡があり、中国唐との関わりを示す漢文とともにモンゴル高原遊牧系最古の文字を刻むオルホン碑文が8世紀トルコ系突厥の モンゴルの観光地情報 地球の歩き方海外旅行情報arukikatauntryMNinfotouristresortオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷は、2000年にわたり、遊牧生活が営まれてきた場所で、6~7世紀の考古遺跡、8~9世紀のウイグル王国の都カラバルオルホンけいこくオルホン渓谷の意味 goo国語辞書sdictionarygoonejn249422meaningm0uオルホンけいこくオルホン渓谷とは。意味や解説、類語。Orhony khondiiОрхоны хндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの渓谷地帯。突厥 とっけつ 文字解読の手掛かりとなった8世紀建立のオルホン碑文、東ウイグル河汗 世界遺産第534回 オルホン渓谷の文化的景観 ON AIR tbsheritage1starchive20070304onair20070304 遺産名 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 所在地モンゴルMongol 分 類CiiCiiiCivCL 登録年2004 放送日2007年03月04日 放送回第534回モンゴル 世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産 ビルゲ sblogsyahooyuuutunarutouha35048138モンゴル 草原のゲルに泊まる タイハル岩 モンゴル 突厥帝国遺跡 ビルゲハーン霊廟遺跡 キョルテギン霊廟 モンゴル 世界遺産オルホン渓谷の文化的遺産 ビルゲハーン碑文、キョルテギン碑文 ホショーツァイダム モンゴル旅行観光スポット人気ランキング厳選10 旅行達 stravel0727モンゴル旅行観光今回は意外と知られていない、魅力満載な モンゴルの人気観光 スポット オルホン渓谷の文化的景観 として世界遺産に登録されてから、さらに人気が増して今では王道観光スポットの1つです 。 #7 Yol Valley イーグルバレー オルホン渓谷の文化的景観 世界遺産への行き方gosekaiisan1121201120101文化遺産 世界遺産登録 2004年 位置 モンゴル、オルホン県 概要 モンゴル高原を流れるオルホン川流域の広大な牧草地では、2000年にわたって遊牧生活が営まれており、多くの考古遺跡が点在する。最も古いのは6~7世紀のトルコ人の遺跡 オルホンモンゴル オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonスポーサードリンク オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape オルホン渓谷の文化的景観は、モンゴル中央部ウランバートルの南西約300kmに位置する考古学遺跡である。 この地域は、古くから オルホン渓谷 動画でひとっ飛び世界遺産ランキングorldheritagechannelareaasiapost657オルホン渓谷 オルホン渓谷オルホンけいこくはモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷。首都ウランバートルの西方約360 kmに在る。その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を例証するのです。

世界遺産 モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観

参考情報:オルホン渓谷の文化的景観モンゴル 文化遺産世界遺産 sorldheritagesitexyzorkhonオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷は、モンゴルの首都ウランバートルの西方約360 kmに在るモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷です。 その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を オルホン渓谷文化的景観の絶景写真画像 モンゴルの世界遺産sdliftphotophotoDisplayWorldHeritage122オルホン渓谷文化的景観の絶景写真画像 です。モンゴルの世界遺産。オルホン川両岸に広がる渓谷にウイグル王国の都跡、カラコルムなど数多くの重要な遺跡が残存。2000年以上にわたって遊牧生活の伝統を守り通している地域。オルホン渓谷 sjaikipediaorgikiオルホン渓谷オルホン渓谷オルホンけいこくはモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷。首都ウランバートルの西方約360 kmに在る。その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を例証するものとして、 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観オルホン渓谷 sabroadnetasiamongoliaheritage000702モンゴルの世界遺産オルホン渓谷の文化的景観についてご紹介します。オルホン渓谷の文化的景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。エイビーロードならあなたにぴったりの旅行ツアーがみつかります。オルホン渓谷文化的景観モンゴル 世界遺産阪急交 hankyutravelheritagechinaorkhonモンゴル中央部を流れるオルホン川の両岸に、遊牧民が築いてきた数多くの遺跡群であるオルホン溪谷文化的景観。カラコルムやエルデニゾーなど、オルホン溪谷の文化遺産の歴史、見どころを紹介します。世界遺産オルホン渓谷の文化的景観エルニデゾー onsnetaka1997travel2007mongoliadiaryerユネスコの世界遺産 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴルの首都ウランバートルの西350kmにあるオルホン渓谷の文化的景観は、2004年に世界遺産として登録された。 文化的景観とは人類の文化と自然の共存がするもので、日本では モンゴルオルホン渓谷の文化的景観アジア世界遺産heritageasia1infopagesorkhonvalleyモンゴルオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観はモンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産です。大草原を擁するモンゴルには古くから2000年以上にわたって遊牧民が暮らし、さまざまな オルホン渓谷 空から眺める世界遺産sorakarasekaiisanMongolia1089写真地図中央はエルデニゾー。世界遺産オルホン渓谷の文化遺産の中で最も規模が大きく最も有名な建造物。モンゴル最古の固定寺院で、約400メートル四方の外壁で囲まれた敷地内には108個のストゥーパや仏教寺院群などが現存 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル その他の都市の評 tabisukearukikataosr103r10496r0MN8オルホン渓谷の世界遺産群は広大な平原と渓谷に点在しています。トルコ時代やチンギスハーンのモンゴル帝国時代の遺跡があちこちに見られ 拍手数0票 総合評価 tusiさん 投稿日20121114 訪問時期2012年8月モンゴル国の世界遺産 sjaikipediaorgikiモンゴル国の世界遺産モンゴル国の世界遺産 モンゴルこくのせかいいさんについて述べる。モンゴルの世界遺産条約 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴルアルタイ山脈の岩絵群 大山ブルカンカルドゥンと周辺の神聖な景観 自然遺産 ウヴス モンゴル観光地 世界遺産カラコルム遺跡、エレデネゾー寺 mongoruryokomnkharkhorun世界遺産カラコルムの遺跡 モンゴルには大草原以外にも見どころは数多くあります。中でもオルホン渓谷と呼ばれる文化的景観地域には、多くの遺跡や史跡が残っており、最も有名なのがカラコルム遺跡です。昔からモンゴル国で生活 モンゴル国の世界遺産 sjaikipediaorgikiモンゴル国の世界遺産モンゴル国の世界遺産 モンゴルこくのせかいいさんについて述べる。モンゴルの世界遺産条約 オルホン渓谷の文化的景観 モンゴルアルタイ山脈の岩絵群 大山ブルカンカルドゥンと周辺の神聖な景観 自然遺産 ウヴス オルホン渓谷の文化的景観の歴史をやさしく解説 sondertriphistory62497TOP 歴史 オルホン渓谷の文化的景観 の歴史をやさしく解説 オルホン渓谷の文化的景観の歴史をやさしく解説 などの遊牧民の伝統が2000年以上にわたって残されており、このためにオルホン渓谷の文化的景観として世界 遥かなる大草原の国モンゴルの世界遺産を全て紹介 tabipponetmongolorldheritageユーラシア大陸の内陸部にある、大草原とゴビ砂漠の国モンゴルにある世界遺産全3ヶ所を紹介します。雄大な自然の中で、乗馬に挑戦したり、ゲルに泊まって羊のミルクを飲んだりと、他の場所ではできない体験を楽しめる モンゴルのオルホン渓谷の文化的景観~西中央東アジ 世界遺産24sekaiisan254オルホン渓谷の文化的景観は、モンゴルのオルホン川に沿って広がっている渓谷にある世界遺産ですね。 はい。 モンゴルのオルホン川と言えば、モンゴル国を流れるモンゴルで一番長い川である。古称は安頁根河あ オルホン渓谷文化的景観オルホンけいこくぶんかてきけいかん skotobankordオルホン渓谷文化的世界遺産詳解 オルホン渓谷文化的景観の用語解説 2004年に登録された世界遺産文化遺産で、モンゴルの中央部、首都ウランバートル南西のオルホン川両岸に広がる渓谷にある。オルホン渓谷は、昔から豊かな草原が広がる肥沃な オルホン渓谷の文化的景観のクチコミ 渓谷に点在する世界遺産 tabisukearukikatamouth105788オルホン渓谷の世界遺産群は広大な平原と渓谷に点在しています。トルコ時代やチンギスハーンのモンゴル帝国時代の遺跡があちこちに見られます。効率よく回るにはオルホン渓谷に特化したツアーに参加するのが一番でしょう。世界遺産カラコルム遺跡オルホン渓谷ゲル滞在モンゴル mongoruryokomntour31カラコルム遺跡。エレデネゾー寺院。亀石 モンゴルには大草原以外にも見どころは数多くあります。中でもオルホン渓谷と呼ばれる文化的景観地域には、多くの遺跡や史跡が残っており、最も有名なのがカラコルム遺跡です。モンゴル 世界遺産オルホン渓谷 ハラホリン Yahooブログsblogsyahooyuuutunarutouha35034516チベット仏教の僧院エルデニゾーは、 108 個の白い仏塔で囲まれた 400m 四方の敷地の中に建つ寺院群で、世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の中心的な遺跡である。モンゴルオルホン渓谷の文化的景観の写真と解説mochi3sekaisekai37モンゴルオルホン渓谷の文化的景観の世界遺産を簡潔に解説しています。人類が作り上げた文化や、地球が創り上げた自然の奥深さを感じてください。世界遺産第534回 オルホン渓谷の文化的景観 ON AIR tbsheritage1starchive20070304onair20070304 遺産名 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 所在地モンゴルMongol 分 類CiiCiiiCivCL 登録年2004 放送日2007年03月04日 放送回第534回モンゴル 世界遺産オルホン渓谷 ハラホリン Yahooブログsblogsyahooyuuutunarutouha35034516チベット仏教の僧院エルデニゾーは、 108 個の白い仏塔で囲まれた 400m 四方の敷地の中に建つ寺院群で、世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の中心的な遺跡である。オルホンけいこくオルホン渓谷の意味 goo国語辞書sdictionarygoonejn249422meaningm0uオルホンけいこくオルホン渓谷とは。意味や解説、類語。Orhony khondiiОрхоны хндийモンゴル中央部、オルホン川沿いの渓谷地帯。突厥 とっけつ 文字解読の手掛かりとなった8世紀建立のオルホン碑文、東ウイグル河汗 カラコルム 各地域のポイントをご紹介 モンゴル旅行 tabitamagomongoliatourtopics02モンゴル中央部のオルホン河両岸に広がっているオルホン渓谷の文化的景観は2000年以上の歴史を有する遊牧民の伝統を 今に伝えるものとして、2004年にユネスコの世界遺産文化遺産に登録されました。 オルホン渓谷の文化的 オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光情報 Latteslattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光情報について LATTE TRAVEL では、オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの観光に役立つ情報を掲載しています。 オルホン渓谷の文化的景観の概要や住所、電話番号などの基本情報 社会遺産学芸員協会 モンゴルオルホン渓谷の文化的景観tabigakuororldplusc1モンゴル中央部オルホン川両岸に広がる草原の王の渓谷。トルコ系ウィグルの都跡89世紀ハルバルガス遺跡があり、中国唐との関わりを示す漢文とともにモンゴル高原遊牧系最古の文字を刻むオルホン碑文が8世紀トルコ系突厥の オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 Weblio辞書ebliokpjantentオルホン渓谷オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル英名Orkhon Valley Cultural Landscape仏名Paysage culturel de la vallee de l'Orkhon面積75 重要性 何世紀にも渡って、オルホン渓谷はステップの王者の座所 オルホン渓谷文化的景観世界遺産の地図orldmapnaviheritagespot1259世界地図ナビ 東アジア モンゴル 世界遺産 モンゴルの世界遺産 オルホン渓谷文化的景観の地図 世界遺産オルホン渓谷文化的景観の地図Google Map オルホン渓谷文化的景観Orkhon Valley Cultural Landscapeの地図を上下左右 オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの世界遺産neobackpackersorldheritage1081オルホン渓谷は、モンゴル中北部オルホン川両岸に121967haに広がり、6世紀頃の遺跡が数多く残されている。また13~14世紀にチンギスハーンが築いたモンゴル帝国の首都であったカラコルムがある。この遺跡は遊モンゴルの世界遺産、一覧 全3カ所のリスト世界遺産ハンターorldheritagemongoliaモンゴル国にある世界遺産は全部で3件、あのチンギスハーンチンギスカンがモンゴルの遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部中央アジアイラン東ヨーロッパなどを駆け抜け、次々に征服し、世界人口の半数以上を統治 オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス slattelatravelplaceorkhonvalleyculturalオルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図アクセス方法について LATTE TRAVEL では、オルホン渓谷の文化的景観モンゴルの地図とアクセス方法オルホン渓谷の文化的景観への行き方などを掲載しています。 オルホン渓谷の 世界遺産第534回 オルホン渓谷の文化的景観 SLIDE tbsheritage1starchive20070304slide遺産名 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 所在地モンゴルMongol 分 類CiiCiiiCivCL 登録年2004 放送日2007年03月04日 放送 オルホンモンゴル オルホン渓谷の文化的景観モンゴルtomorro01sekaiisanoruhonスポーサードリンク オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape オルホン渓谷の文化的景観は、モンゴル中央部ウランバートルの南西約300kmに位置する考古学遺跡である。 この地域は、古くから オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 Weblio辞書ebliokpjantentオルホン渓谷オルホン渓谷 オルホン渓谷の概要 オルホン渓谷の文化的景観モンゴル英名Orkhon Valley Cultural Landscape仏名Paysage culturel de la vallee de l'Orkhon面積75 重要性 何世紀にも渡って、オルホン渓谷はステップの王者の座所 オルホン渓谷文化的景観 クチコミガイドフォートラベル 4traveloverseasareaasiamongoliakankospot10263826325 2 件のレビューオルホン渓谷文化的景観を実際に訪れた旅行者が徹底評価日本最大級の旅行クチコミサイト フォートラベルでオルホン渓谷文化的景観や他の観光施設のクチコミをチェックオルホン渓谷文化的景観はモンゴルで24位の史跡遺跡 東方観光局世界遺産 モンゴル オルホン渓谷の文化的景観eastedgeheritageindexareaasia&untry名称英語 Orkhon Valley Cultural Landscape カテゴリー 文化遺産 登録 2004年 位置 モンゴル中央部オルホン川両岸 北緯47度33分24秒 東経102度49分53秒 概要 オルホン渓谷は、ウランバートルの南西360km、モンゴル中央部のオルホン オルホン渓谷の文化的景観 世界遺産への行き方gosekaiisan1121201120101文化遺産 世界遺産登録 2004年 位置 モンゴル、オルホン県 概要 モンゴル高原を流れるオルホン川流域の広大な牧草地では、2000年にわたって遊牧生活が営まれており、多くの考古遺跡が点在する。最も古いのは6~7世紀のトルコ人の遺跡 世界遺産ツアーと世界遺産一覧モンゴルの世界遺産dheritagemeriunAsiaMongoliamongoliaculturalオルホン渓谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観はモンゴル中央部、首都ウランバートルから北西約360km圏内のオルホン県Orkhon Aimagに位置、オルホン川に沿いの草原121967k 、緩衝地帯61044k をカバ モンゴルの世界遺産 オルホン谷の文化的景観 モンゴル4traveltravelogue10095172モンゴルでのbaykalさんの旅行記です。モンゴルの世界遺産です。オルホン谷の文化的景観。写真はキョルデギン碑文、第二突厥時代の勇将でそれを讃えた碑文で、漢字と突厥文字で漢民族との和解について記されていオルホン渓谷 動画でひとっ飛び世界遺産ランキングorldheritagechannelareaasiapost657オルホン渓谷 オルホン渓谷オルホンけいこくはモンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷。首都ウランバートルの西方約360 kmに在る。その渓谷の文化的景観は、2000年以上に渡って培われてきた遊牧民の伝統を例証する モンゴルの絶景写真画像sdliftphotophotoDisplayCountry7オルホン渓谷文化的景観 モンゴルの世界遺産 オルホン渓谷文化的景観です。 違和感 編集 削除 By kanglapass On 20120504 バイカル大自然に生きるオルホン谷の文化的景観geocitiesbaykal300heritage0120171002 オルホン谷の文化的景観 オルホン渓谷の文化的景観は2004年に登録された。広さは121967ha ウブルハンガイ県とアルハンガイ県にまたがるオルホン河一帯の史跡群である モンゴル最古のチベット仏教寺院。四角く仏塔の オルホン渓谷文化的景観Orkhon Valley Cultural ssekaisisan1081同じ国にある世界遺産 2003ウヴスヌール盆地 Uvs Nuur Basin 2004オルホン渓谷文化的景観Orkhon Valley Cultural Landscape 2011モンゴル・アルタイ山系の岩絵群Petroglyphic Complexes of the Mongolian Altai エルデネゾー寺院 ラプラン寺カラコルムモンゴル s4traveltravelogue11118835エルデネゾー寺院はカラコルム近郊にある1585年にアブタイサインハーン により建設されたモンゴルで最古の寺院です。エルデネゾー寺院はオルホン渓谷の文化的景観として2004年に オルホン渓谷文化的景観 カプトリ Capricious TripcapricioustriptourismdetailspotidTS000713世界遺産 国 モンゴル 州県 エリア 文化遺産 2004 モンゴルの中央部、首都ウランバートル南西のオルホン川両岸に広がる渓谷にあるオルホン渓谷は、昔から豊かな草原が広がる肥沃な土地で 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の概要説明sekai13netlist1081名称 オルホン渓谷の文化的景観 Orkhon Valley Cultural Landscape 種別 文化遺産 iiiiiiv ii建築物、都市計画の発展における人類の価値の重要な交流を示す。iii文化的伝統文明に関する独特な証拠を示す。iv建築様式景観に関する 世界遺産オルホン渓谷の文化的景観の写真画像sekai13netlist1081imageオルホン渓谷の文化的景観モンゴル国の世界遺産の写真画像を掲載 トップ → 世界遺産の紹介 → アジア → モンゴル国 地域別アジア オルホン渓谷文化的景観 UNESCO World Heritage Centrehcunesorgjalist108120171003 モンゴル中北部のオルホン川の両岸に広がる雄大な放牧地。その地に含まれる12万1967haにもおよぶオルホン渓谷の文化的景観には、6世紀にまで遡る考古遺跡が数多く存在している。この地域には、チンギスハーンによって オルホン渓谷 モンゴル トリップアドバイザー 口コミを参 stripadvisorAttractionRevieg293955dオルホン渓谷モンゴルに行くならトリップアドバイザーで口コミ45件、写真77枚、地図をチェックオルホン渓谷はモンゴルで25位134件中の観光名所です。世界遺産と文化的景観 NTTビズリンク メールウェブ dangonesriculturallandscape参考文献 世界遺産ガイドー文化遺産編ーⅣ文化的景観 世界遺産データブック 2005年版 世界遺産ガイド 特集 第28回世界遺産委員会蘇州会議 世界遺産マップス 地図で見るユネスコの世界遺産2005改訂版 世界遺産事典 754です。
会社名 電話番号 住所(番地まで)
世界遺産|国際連合広報センター|国連教育科学文化機関ユネスコ United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization(UNESCO) 03-5467-4451 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5丁目53-70
世界遺産一覧|世界遺産運動|公益社団法人日本ユネスコ協会連盟 03-5424-1121 〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1丁目3-1
世界遺産 | 文化庁 03-5253-4111 〒100-0013
東京都千代田区霞が関3丁目2-2
世界遺産 | 明徳寺 0887-23-9777 〒781-7301
高知県安芸郡東洋町大字野根丙2246
世界遺産|靖國寺 0774-21-3023 〒611-0021
京都府宇治市宇治金井戸7-14
世界遺産|中今庵 0288-21-8878 〒321-2426
栃木県日光市小百筒置1554-1
世界遺産|本法寺 048-557-2512 〒361-0004
埼玉県行田市大字須加1919
世界遺産|王子神社 03-3907-7808 〒114-0022
東京都北区王子本町1丁目1-12
世界遺産|誠隆寺 06-6928-0013 〒534-0012
大阪府大阪市都島区御幸町2丁目13-23
世界遺産|一願寺 0739-64-1045 〒646-1414
和歌山県田辺市中辺路町西谷575
世界遺産|和歌山県世界遺産センター 0735-42-1044 〒647-1731
和歌山県田辺市本宮町本宮100-1
世界遺産|知床世界遺産センター 0152-24-3255 〒099-4354
北海道斜里郡斜里町ウトロ西186-10
世界遺産|知床世界遺産ルサフィールドハウス 0153-89-2722 〒086-1813
北海道目梨郡羅臼町北浜8
世界遺産|環境省白神山地世界遺産センター 0172-85-2622 〒036-1411
青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1
世界遺産|世界遺産平泉・一関DMO 0191-48-3838 〒021-0882
岩手県一関市上大槻街1-5
世界遺産|環境省白神山地世界遺産センター・藤里館 0185-79-3001 〒018-3201
秋田県山本郡藤里町藤琴字里栗63
世界遺産|富士山を世界遺産にする国民会議(NPO法人) 03-5733-4223 〒105-0001
東京都港区虎ノ門3丁目11-15
世界遺産|世界遺産アカデミー(NPO法人) 03-6212-5020 〒100-0003
東京都千代田区一ツ橋1丁目1-1-9F
世界遺産|株式会社エイチ・アイ・エス/表参道営業所/世界遺産担当 03-5775-0731 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4丁目3-3-7
世界遺産|世界遺産相倉合掌造り集落保存財団(公益財団法人) 0763-66-2123 〒939-1915
富山県南砺市相倉
世界遺産|山梨県立富士山世界遺産センター 0555-72-0259 〒401-0301
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1
世界遺産|財団法人世界遺産白川郷合掌造り保存財団 05769-6-3111 〒501-5627
岐阜県大野郡白川村大字荻町2495-3
世界遺産|静岡県富士山世界遺産センター 0544-21-3776 〒418-0067
静岡県富士宮市宮町5-12
世界遺産|世界遺産の環境を守る会(NPO法人) 0736-61-3361 〒649-6235
和歌山県岩出市西野174-1
世界遺産|田辺市役所/世界遺産熊野本宮館 0735-42-0751 〒647-1731
和歌山県田辺市本宮町本宮100-1
世界遺産|大田市役所/石見銀山世界遺産センター 0854-89-0183 〒694-0305
島根県大田市大森町イ1597-3
世界遺産|軍艦島を世界遺産にする会(NPO法人) 095-883-6001 〒851-2126
長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷1163-45
世界遺産|環境省屋久島世界遺産センター 0997-46-2992 〒891-4311
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2739-343
世界遺産|世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム 098-958-3141 〒904-0301
沖縄県中頭郡読谷村字座喜味708-6
世界遺産|環境省白神山地世界遺産センター・藤里館 0185-79-3005 〒018-3201
秋田県山本郡藤里町藤琴字里栗63
世界遺産|環境省屋久島世界遺産センター 0997-46-2977 〒891-4311
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房2739-343
世界遺産|山梨県立富士山世界遺産センター 0555-72-0211 〒401-0301
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6663-1
世界遺産|大田市役所/石見銀山世界遺産センター 0854-89-0089 〒694-0305
島根県大田市大森町イ1597-3
世界遺産|ホテル|菊水旅館 055-266-3104 〒400-1501
山梨県甲府市上曽根町1870
世界遺産|ホテル|ビジネスホテル旅館下宿アパート天海 090-4774-2529 〒858-0918
長崎県佐世保市相浦町1709-4
世界遺産|ホテル|シティホテル望月 0597-22-0040 〒519-3664
三重県尾鷲市坂場町5-3
世界遺産|ホテル|東雲館 0274-73-2221 〒379-0201
群馬県富岡市妙義町妙義28
世界遺産|ホテル|ホテルサンルート奈良 0742-22-5151 〒630-8301
奈良県奈良市高畑町1110
世界遺産|ホテル|かつうら御苑 0735-52-0333 〒649-5334
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦216-19
世界遺産|ホテル|はたご小田温泉 0853-86-2016 〒699-0903
島根県出雲市多伎町小田208-3
世界遺産|ホテル|四季の宿さひめ野 0854-83-3001 〒694-0222
島根県大田市三瓶町志学2078-2
世界遺産|ホテル|浜田ニューキャッスルホテル 0855-23-5880 〒697-0027
島根県浜田市殿町83-124
世界遺産|ホテル|岩惣 0829-44-2233 〒739-0522
広島県廿日市市宮島町南町345-1
世界遺産|ホテル|連泊宿白神 0172-81-7171 〒036-1433
青森県弘前市大字国吉字村元279-2
世界遺産|ホテル|末広 0185-54-6822 〒016-0181
秋田県能代市字大瀬儘下6-23
世界遺産|ホテル|みどり荘 027-385-6910 〒379-0133
群馬県安中市原市4丁目3-8
世界遺産|ホテル|カプセルホテル・アイランド伊豆大島 04992-2-0665 〒100-0101
東京都大島町元町2丁目3-12
世界遺産|ホテル|民宿朝富士 0555-62-0724 〒401-0502
山梨県南都留郡山中湖村平野3258
世界遺産|ホテル|民宿三保荘 054-335-4959 〒424-0901
静岡県静岡市清水区三保2428-1
世界遺産|ホテル|十津川温泉民宿松乃家 0746-64-0111 〒637-1554
奈良県吉野郡十津川村大字平谷694
世界遺産|ホテル|遊景の宿平城 0742-23-5255 〒630-8202
奈良県奈良市川上町728
世界遺産|ホテル|民宿高砂 0735-22-3656 〒647-0053
和歌山県新宮市五新3-47
世界遺産|ホテル|亀屋旅館 0735-42-0002 〒647-1717
和歌山県田辺市本宮町川湯1434
世界遺産|ホテル|ホテルシャルモント 0735-52-0203 〒649-5335
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地4丁目3-16
世界遺産|ホテル|ビジネスホテルブルーハーバー 0735-52-8115 〒649-5334
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦434-2
世界遺産|ホテル|輝雲荘 0855-65-2008 〒699-2501
島根県大田市温泉津町温泉津ロ202-1
世界遺産|ホテル|大田パストラル 0854-82-1307 〒694-0064
島根県大田市大田町大田ロ1329-8
世界遺産|ホテル|ウィークリーマンション首里城 098-887-7184 〒903-0816
沖縄県那覇市首里真和志町1丁目9-4-1F